INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

名文のお手本・東海林さだおがトーストを語る

名文、文体ということでもひとつおまけ。
たまたま昨日、この本をパラパラと読んだ。

鯛ヤキの丸かじり (文春文庫)

鯛ヤキの丸かじり (文春文庫)


「文章の妙、ここに至る」と、講談社エッセイスト賞受賞者・高島俊男に嘆息させ、大宅壮一ノンフィクション受賞者・野村進に「私は東海林さだおの宣伝マンである」と自称させる、文章の魔術をお読みなさい。
特に今、何を食べようかと迷っている人は是非。

31P
トーストの幸せ


 焼きあがったばかりのトーストって、幸せに満ちていると思いませんか。
 まだバターもジャムもつけてないけれど、すでに幸せの予感にあふれている。
 コンガリ狐色に焼けて、アツアツのカリカリで、だけど内部はフワフワのモコモコ。押すと、よく干してふくれあがった布団のように押し返してくる。
 このアツアツ、カリカリの表面に、とりあえずバターを塗ってみましょうか。
 バターナイフで、バターの山を三つほど置き、それをならして塗り広げていく。ときどきゾリゾリという音がするのは、カリカリに乾いた表面を、バターナイフの先がじかにこすったときの音です。
 最初、ほんのちょっと抵抗の気配を見せたバターの塊が、熱で急に他愛なく溶けていき、パンの小さな凹みという凹みにしみこんでいく。
 バターたちよ、そのようにしてパンの中にしみこんでいきなさい。
 このバタートーストを、さて、どのように食べようか。
(略)
 このままパクリとやってもいいが、両手で二つに引き裂くのも趣がある。(略)やがて薄く細長い突端をつくって二つに分かれる。
 この、薄く細長く垂れ下がってバターに濡れた突端がおいしい。
 まず、ここをパクリとやる。
 濃密なバターの味、パンにしみこんでバターと一体となったパンとバターの味、そうして最終的には、口の中はバターの・・・(後略)


どうですか皆さん、今日の朝食だか昼食だか、バタートーストにしたくなったでしょう(笑)。

この文章では後半で「つぎにジャムトースト、マーマレードトーストにいってみましょう」と、その描写もされているのですが、それを写すと、貴方がメニューに迷うことになりますので親切に省略してあげます(笑)