INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ブリトニーの人生を、彼女をネタにした全ての人が奪った。筆者(町山智浩)も含めて…/初めて過去の「悪趣味」路線自己批判か?

なんかふと「あー、最近数カ月『Dマガジン』契約してるのに開いてねーや」と、思い立ってサブスクを一気読みしようという、あるある?な展開。

やっと、今現在遡って読める「週刊ポスト」を読み、「週刊文春」を半分ばかり…それも特集記事はほとんど読まず、各雑誌のお気に入りコラムだけをまとめて読むことにした。
そうでもしないと、ほんとに物理的に無理だからでもあるが、同時に雑誌の本質はコラムじゃないかな、と…。これはリアルタイムで読んでいる時とたぶん違う価値観なんだろうな。

で、本題。そうやって、今、数か月前の週刊文春を読んでいる途中なんだが、

その7月22日号。


藤井聡太の師匠・杉本昌隆氏のつづる「師匠はつらいよ」もこの号の回は非常に味わい深いのだが…それでもなく、

町山智浩氏の「言霊USA」。
ブリトニー・スピアーズという女性……自分、かろうじてフルネームぐらいは知ってたけど、何を歌って(歌手らしい)、どんなゴシップがあるか、とか全然興味がなくスルーしてたんだが、とにかくアメリカのゴシップ界ではゴシップの常連みたいな存在で、しかしある問題をめぐって、家族と裁判になり、これまでの境遇に同情が集まっているらしい。


それを紹介するコラムの末尾で、町山氏はこう書いた。

f:id:gryphon:20210917012329j:plain
町山智浩氏、「自分も含めた皆がブリトニーの人生を壊した」と反省 週刊文春7月22日


ブリトニーの人生を奪ったのは父親だけじゃない。彼女のスキャンダルを面白がってネタにした人々すべての罪だ。筆者も含めて。


おー・・・・・・・・・・
どのように、ブリトニー氏をネタにしていたかは知らない(読んだとは思うけど、興味ない外国アーティストの固有名詞なんか覚えてるわけなし)のだけど、それをどうこう言う話以前に・・・・・・・町山氏が、今現在の言論の「立ち位置」に立つにあたり、「宝島30」や、「映画秘宝」時代に書いた文章のあれこれが、その「立ち位置」にそぐわない、可能性がある。というか、評価によってはコーネリアスと同じ立ち位置とされるかもしれない、との懸念すらある。

その部分を反省するような氏の文章を読んだのは、少なくとも当方は初めてだった!!だから驚いた!!!

ラジオでも語っていたらしいね

これは、一種画期的ではないかな? アップデートなんじゃないかな??
と、
m-dojo.hatenadiary.com
にて一覧にまとめた、「映画秘宝」の検証を行ってきた「増田」に問うてみたいところだが、増田が増田である以上、連絡などもとれまい。

そういうことなので、とりあえず皆さんにお伝えしておきます。運が良ければめぐりめぐって、「映画秘宝」などの記述を精査した、リンク先の増田に届くかもしれない。