INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

拝啓、中央日報様。この秋山記事は単に誤報です。

中央日報
私は日本の格闘技ファンのブロガー、Gryphonといいます。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=95382&servcode=600§code=600

について考えを申し述べます。
まず、格闘技を一般的な興味を引く記事として扱ってくれたことに対し感謝申し上げます。その上で、貴紙の意見や論評とは別次元の、事実関係の異なる誤報部分が多いので指摘いたします。

秋成勲が試合前に保湿クリームを塗った場面をとらえたビデオが公開され、桜庭の主張が通った。

これは事実誤認です。この映像は多くの報道陣の要求にもかかわらず谷川貞治K-1プロデューサーが拒否し、いまだに未公開です。(検証時に審判団や主催者らは見たそうですが「公」「開」とはとてもいえません)
この記事の執筆者にお尋ねします。もし公開だというなら、執筆者はその映像を見たのでしょうか?それとも下の描写は、取材の結果の伝聞でしょうか?
というのは

『「かっこいいだろ」とふざけた。 』

というのが、私が伝聞で聞いた話と台詞が少し違うからです。
この部分はまあ、こちらも伝聞ですから取材の結果なら結構です。ただし、「映像が公開された」は単純に事実かどうかです。公開はされていない、すなわち貴紙の誤報であると言わざるを得ません。

彼は半月後に抗議書を提出し、

抗議書の提出は1月3日です。大晦日から半月(15日)後では「やれんのか」のルール上抗議が認められません

「柔道は最高だ。 韓国人は強い」と叫んだ秋成勲の勝利セレモニーを真似て

秋山の総合格闘技の全試合を見ていますが、「韓国人は強い」と語ったことは一回も無いはずです。一番似ているのはデニス・カーン戦後のアピール「わが大韓民国最高!」ですが韓国人は強い、とは大きく意味が異なります。

秋成勲は頭を下げたり、日本選手と交わったりしない。

毎回の入場シーンで秋山が手をつなぐ相手は誰でしょうか。日本最大のプロ格闘家を擁する一大勢力「慧舟會(GCM)」の選手(門馬秀貴など)です。そこが秋山の主な練習場所です。打撃は名コーチ山田武士が指導する幅広い格闘家グループ「チーム黒船」で桜庭戦のスキャンダル発覚まで練習していました。

秋成勲は英雄を尊敬しない‘反骨’扱いを受けた。

これは同じ漢語でもニュアンスがアジア各国で違うという興味深い誤解の例でしょうが、そもそも秋山の「反骨の柔道王」という異名は、彼をヒーローとして応援していたテレビ局TBSの命名です。
実は日本では、「反骨」はいいイメージなのです。日本最大の辞書サイトを見てください
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C8%BF%B9%FC&kind=jn&mode=0&kwassist=0

不当な権力や世俗的風習に反抗する気概。
「―精神」「―の士」

繰り返しますが、私は貴紙の論調や意見に賛否を申しているのではありません。
単に事実の間違いをお伝えしているだけです。
これが実際の紙面に印刷されたかは存じ上げませんが、いずれにしても訂正記事が必要だと思われます。
上記の記事が真実であるという反証の無い場合は、訂正記事をお願いいたします。


※実はこれ、正式に中央日報記事につけられるコメント欄に寄せようと思って書いた文章だが、なぜか登録はできた?のに一向に投稿できないのだ。
なので換わりに書いた。もし投稿できる人がいたら、このへんからの転載ご自由に。


こういう意見もある。
http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-46.html

・・・結局のところ、この記事に突っ込みを入れるのは簡単なんですね。問題はそれをして何の意味があるのかということ。だって韓国人はこう信じておるわけだから。(略)こんなレベルで日韓対決だと萌えてみるのも気が乗らない。なんというか、どこまで行っても浄化も昇華もされない絶望感があって。ただの空しい言い争いなら、しない方がましかもしれないとか。