INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

秋山成勲、43歳の戦いは? abemaTVで無料配信/堀口は最大の難敵と再戦(DAZN)

この前パンクラスで、近藤有己郷野聡寛の、3回目の直接対決が組まれました。
AbemaTV でも、プレミアム会員になれば今でも動画が見られるようです。

abema.tv


PRIDEで行われた再戦も悪い試合ではなかったが、なんといっても「近藤vs郷野」は初戦が伝説の名勝負。
郷野が立て続けにパンクラス正規軍を撃破し「もう日本には相手がいない、外国人との試合を組んでくれ」とマイクアピールをした後、最後の切り札として近藤有己との試合が決定。当時はまだ珍しかった TRASH Talk を積極的に仕掛けた郷野だったが、近藤の打撃に返り討ちとなり、パウンドの雨の中、セコンドの菊田早苗が真っ白なタオルを投げて TKO 決着となる…といったシチュエーションがいちいち完璧だった。本当に日本総合格闘技史の中で特筆されるべき名勝負だったと言えましょう。
そこから10何年して、スタミナも考慮して3分3ラウンドとなった同一カード……。 両者スタンドで牽制しながら、やや膠着気味での戦いとなり、近藤が判定をものにして郷野との勝敗を、通算2勝1敗としたこの試合は、間違いなくノスタルジックな記憶の遺産がなければ凡戦であったろうけど、実際に見ていた私としては2019年上半期の中で、非常に印象に残る試合であったことも間違いない。


当時感想書ききれなかったので、この機会に前振りをしたわけだけど、本題はここからだ。近藤有己郷野聡寛も、まだ40代前半だ。ただし実年齢以上に、総合格闘技を始めた磁器と、通算の試合数というものが重要らしい。
そんな中、彼はどうだろうか。
そう秋山成勲である。本日、ONE CHAMPIONSHIP のデビューを飾る男である。
43歳。
改めて彼のキャリア、戦士を語る必要はあるまい。
道家からHERO'Sで総合に転身、HERO'Sのエース候補として、当初はいくつか無茶なマッチメイクなどもあったが、おしなべて大事に育てられ、節目節目では 強敵も撃破。 その実力を認めないものはいないが、その一方でかの「ヌルヌル事件」は、あまりにもインパクトが大きかった。うちの親族にも、総合格闘技の「そ」も知らないが、秋山成勲という名前を聞けば、「ああ、あのヌルヌルの?」と即座にかえってくる人がいて、こっちが驚くがな。言い換えればそれほど「世間で知られている」存在、日本総合格闘技の短い黄金時代である「0年代前半」を彩った光と影のスターである。

UFC でも、結局トップグループには入れなかったが、それなりの健闘を見せ、山本キッド徳郁と同様「今現在の実力はともかく、ある国(この場合は日本および韓国)のカリスマやシンボル的な意味合いとして、UFCが参加に置いておきたがる」存在となっていたであろう秋山が、その契約を自分から申し出て解除、参戦したのがONEチャンピオンシップであった。


さてどうだろうか。
煽り映像で見る限りは、とにかく肉体の維持はすごい。近藤や郷野には「ちょっと見習え」と言いたくなるぐらいだが(笑)、ただ20代の現役バリバリの頃から、とりかく秋山のマッチョな筋肉は特異だったので、あまり比較できないか…「実年齢より、総合格闘技を始めた年齢と通算試合数が重要だ」という話で考えれば、適切な試合間隔を置いていたぶん、消耗も少ないかもしれない…。そういう点では期待できるのかもしれないが…
headlines.yahoo.co.jp


ここで印象に残るのがほぼ同世代の、今年引退したMLBイチローだ。
ある時期は、「球場で全打席無安打のイチローを見るほうが難しくてレアだった」という不世出の天才ベースボールプレイヤーが、40代を迎えて、それこそ秋山同様に、体型にはいささかの崩れもないのに、今年は開幕から、本当にヒットを打つのにとてつもない苦労をしていた。最後の花道となるべく設けられた、日本での試合でも、本人もファンも待ち望んだたった一本の安打を打てず、最後に全力疾走した一本も、タッチの差で内野安打とすることはできなかった。
引退に臨んで望んで多くの論評があったが「筋肉は衰えなくても、反射神経と動体視力はやはり年齢によって急激に低下する。ここを維持できないから野球選手は引退せざるを得ない」という話が印象に残った。

…そしてこれは、パンチとキックが認められている総合格闘技にも関係しているのかもしれない……。でもムエタイやキックボクシングは比較的年齢が高くても強い選手は強い気もするしなー。どうなんだろう。

そんなことを思いながら、今回の秋山ONEデビューを見る。

自分もヌルヌル事件のことは、当然忘れようとも思わないし実際忘れていない。そんな複雑な思いはあるんだけれども、それでも気になるわな。

無料配信です。 「総合格闘技は、昔は大晦日によく見てたなあーー。今は何やってるか知らないけど」というような人でも、まあ見てやってください。




abema.tv



そして逆に今が全盛期中の全盛期な堀口恭司

DAZNで見られる人は少ないだろうけど、見られる人は必見ですね。
これこそまさに2018年の大晦日地上波にて放送された、あの名勝負の再戦なんです

とにかく今波に乗ってる、ほぼ無敵と言っていい堀口が、 かなり追い込まれたと言っていい試合が今回戦うコールドウェルとの初戦。この相手は打撃も確かにするといいけど基本はレスリングベースで、空手出身の堀口がテイクダウンを奪われ上になれる可能性というのも非常に大きい。この前はリングだったが今回はケージだ。

ただしケージはリングと比べると円形に近く、 広さも相当あるはず。堀口本人も「自分はケージの方がやりやすい」と語っているし、そもそもテイクダウンの耐性という点では、堀口も相当なものである(だから初戦は驚きであったのだ)今回はどうなのだろうか、純粋に興味深い。

しかし、この体格差…(相手は減量がうまいのだろうな)



午前11時あたりから、やるそうだ。
DAZN有料配信


プレリム(前座)の試合はyoutube無料配信で、REENAも出場することは別記事の通り。
このリンク(朝7時半からやってる。レーナは8時半以降かな?)

www.youtube.com

GONG(ゴング)格闘技 2019年7月号

GONG(ゴング)格闘技 2019年7月号


RENA結果