INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

K-1ハワイ大会 もう少し詳しく

いったいなんでだかしらないが、私の周辺の格闘技ファンの多くが、綺麗さっぱりこの大会が放映されることを忘れてましたよ。宣伝が足りないや。
地上波は見られたけど、フジ721の全試合中継は見逃してしまった。

チェ・ホンマン

けっこう驚いたのは「チェ・ホンマンが普通のローカル王者ぐらいにはやっぱり勝てちゃうこと」でした。なんかこういうタイプというか、戦績の選手とは当たってなかったでしょ。やっぱり、勝てるんだなあと。


マイティ・モー

そのホンマンをはじめ、「2メートル級選手を連続3人KOした」という肩書きがつき、当然セーム・シュルト迎撃の一番手という目で見るようになるだろうと思う。
私も、ぐるりと見回してみればこの選手がシュルトを脅かす可能性は前から感じていた。
ただし、前「閾値理論」(シュルトを倒すには2m以上ということはないが、最低190センチ台に到達しなければいけない)ということを言ってきましたが、やはり及ばないのではないかと思っています。(モーは185センチ)
シュルトはホンマンにない、相手を懐に入らせないマシンガン前蹴りがあるでしょ。あれを有効に使えばモーは対応できないのではないかと思う。