【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

K-1GP決勝大会カード決定。ホンマンvsシュルト実現は?そして極真vs正道(一応)

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/headlines/20071001-00000000-spnavi-fight.html

■「K−1 WORLD GP 2007 FINAL」
12月8日(土) 神奈川・横浜アリーナ 開場16:00 開始17:00

ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X tream Team)
チェ・ホンマン(韓国/フリー)

セーム・シュルト(オランダ/K−1スーパーヘビー級王者/正道会館
グラウベ・フェイトーザ(ブラジル/極真会館


バダ・ハリ(モロッコK−1ヘビー級王者/ショータイム)
レミー・ボンヤスキー(オランダ/チーム ボンヤスキー


ピーター・アーツ(オランダ/チーム アーツ)
澤屋敷純一(日本/チーム・ドラゴン)

どういうふうに決まったかはリンク先参照。
前も書いたけどK-1決勝の、くじと選手の選択を組み合わせたこのカード決定方式は特許でもとったほうがいいぐらいよくできたアイデアでとても楽しく、興味深い。選手の意地や計算、性格がよく分かる。

1番を引き当てたのはジェロム・レ・バンナ。第1試合となる「A」を指定した。
2番目は澤屋敷…「バンナと離れたかった(苦笑)」という澤屋敷は一番遠い「H」を選択。
3番を引いたホンマンが、迷わずバンナの隣「B」を選ぶと、会場は大歓声・・・。
ニヤリと笑ったアーツは、澤屋敷の隣の「G」を選択。
 5番のレミー・ボンヤスキーが「F」に入ると、レミー戦を熱望していたバダ・ハリが迷わず「E」を選択。仲が悪いと噂される2人の因縁対決・・・・


ただ、残念なのはシュルトが前半にくじを引いてほしかったよ。
シュルトはとにかく、相手に恐怖感と苦手意識を植えつけるいやらしさがあるので、誰が相手になるのかが楽しみだったが、強制的に決まる形になったので残念だ。

昨年、グラウベは1回戦を勝ち抜いた後正直に言っている。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/live/200609/30/a03.html

――もう一度、シュルトと対戦したいか
 次の抽選で当たることになれば別だが、いま対戦したいかと言われれば何とも言えないね。

それでも、押して忍んで、押忍。
ただ、体格的にも技術的にも、本来的にはシュルトにとっては侮れないと個人的には思っていますですよ。
極真会館グラウベだが、シュルト石井和義氏の技術と人間性にほれ込み(?)、正道会館の帯を今は締めている。さすれば石井の奥義、「腸蹴り」もマスター……いやいやいや。
その次はバンナvsホンマンとなる。低身長でも懐に入り、Dynamite!な一発を入れるという点ではマイティ・モーのあの勝ち方も参考になるし、バンナ有利だろうが、今回は勝ってほしい気もあるな。もちろmん、シュルトがあの、前の韓国大会での謎の判定負けの黒星を倍にして返してもらいたいということだ。
本当なら一回戦で実現してほしかった。
グラウベ対バンナって結構見たくない?