INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

またJ-CASTニュースの「スクープ」。HERO'Sの番組内に映った掲示板、実在してなかった

http://www.j-cast.com/2007/03/13006145.html

  • CASTニュースがTBSに映像につかわれた「掲示板」の所在をたずねたところ、書面で次のような回答が寄せられた。

担当ディレクター作成認め、「お詫び」
「昨年大晦日の秋山選手と桜庭選手の試合が、無効試合と裁定された時期に、インターネットの書き込みでも、様々な意見が飛び交ったことを担当ディレクターが記憶しておりました。ご指摘の映像はそれを基に、桜庭選手に対するファンの声がネット掲示板に掲載された当時の状況を伝えるために担当ディレクターが作成したものです」
さらに、このような「捏造」とも捉えられかねない不適切な映像編集があったことについて次のように釈明、謝罪した。

「インターネット上の掲示板のイメージを作成したものではありますが、視聴者の方々には、どこかに実在する掲示板であるとの誤解を与えかねない表現であったと考えております。紛らわしい映像で、視聴者の方々、及び関係者の方々にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」

俺はふつーにぽけーっと映像を見ていた。
名前の「通販」というのは見えたけど「ふーん通販がテーマのようなどっかでも、これが話題になってたのかな。しかし、それなら格闘技関係の掲示板を探せばいいのにへんなとこから引用するもんだね」と思ってたら、さすがネット有志があっさり問題を指摘し、んでまたまたまた、J-CASTニュースがそれを引き継いでTBSに白旗を掲げさせたわけだ。


何度も書いているが、問題点の指摘と下調べは名無しさんがやってくれる。記者さんは、編集長が元AERAだという権威と、一応(失礼)きちんとしたニュースサイトだという権威に基づいて、最後に公式にTBSなど当事者にコメントを求めるだけ。
しかし他のメディアは1、2を除いてほとんど報道しないのだから、結果的にはまごうことなきスクープということになります。

他では
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/13/news080.html
ぐらい。

オーマイニュースは韓国で成長した際、それなりにスクープを獲得したのが弾みになったという。しかし、実際にやってるのは元手いらず(失礼)のJ-CASTニュース。このモデルの有効性が示された。


んで、格闘技周辺にアンテナを巡らせていればけっこういいニュースが入ってくることも確実だな(笑)

さらにいうと、
これは山陰中央日報とか一時の宝島もそうだが、こういうとき探すと編集部全体の総意とかってより、一人か二人内部にアンテナが働く・・・というか、たぶん公私混同の格闘マニアがいるってことが多い。

今度は取材し返す番で、ゴン格・・・と書けないのが残念しごくだが、kamiproか今後創刊のファイト&ライフでちょっとした埋め草記事でもいいから、どうもJ-CASTのどこかにいる格闘技に詳しいX記者の正体に迫って欲しい。