INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

CBS「60minutes(CBSドキュメント)」が総合格闘技特集。そしてヘンゾ

NHBニュースとダブルポストで。こりゃすごい。

http://blog.drecom.jp/9292/archive/1105


CBSの人気番組 60 Minutes で、「Mixed Martial Arts: A New Kind of Fight」という特集が組まれたようです。お堅いドキュメンタリー番組で、一般視聴者が多く(略)、スポーツビジネスの成長頭として、マイク・ミレティッチのジムに取材しています。

http://www.youtube.com/watch?v=FX6IkIr8GjU

http://www.youtube.com/watch?v=IYJlVft_6KU

多少は聞き取れた内容をまとめておくと、ヘンゾ・グレイシーが登場し、まるでポール・サイモンのようなしゃがれ声で、MMAのテクニックは暴力ではなく、ロシアン・バレーのような芸術であると語っています。ミレティッチは、ボクシングとMMAとの違いについて(略)・・・

MMAの視聴者は、18歳から34歳の男性という、普段テレビなど見ない人たちを多く引きつけていると言うことで、スポンサーは殺到しているのだそうです

===================

60minutesは40年近く放送されている伝統・権威・影響力共に間違いなく全米有数の番組で、日本では「CBSドキュメント」として放送されています。

いつか放送されるかな?


【この番組について】
http://ja.wikipedia.org/wiki/60_Minutes#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.A7.E3.81.AE.E6.94.BE.E9.80.81


60minutesが取り上げるとしたら、危険性やら暴力性やらステロイドやらを告発調で追及するようなものにならないかと心配にもなるが(そういう番組でもあるんです)リンク先を見る限りはそうではないようなので一安心。「普段テレビを見ない層をひきつけているので、スポンサーが殺到している」とはうらやましい話だ。
その資金で次はノゲイラ引き抜きですか(邪推)


ここで、ちょっとわき道部分ですが、ヘンゾ・グレイシー・・・いやいや「ヘンゾ兄貴」「ヘンゾ”夕焼け番長”グレイシー」のエピソードに注目しました。

ミレティッチのジムでは、ヘンゾもコーチとして教えていますが、そのジムに飾られている唯一の写真が、PRIDEでヘンゾが桜庭に腕を決められているシーンなのです。ヘンゾはタップせず、レフリーストップとなった試合ですね。このときのことについてヘンゾは、「人生でもっとも楽しい瞬間だった。タップしなかったのは、腕が折れていても戦えると本当に信じていたからだ」と述べています。

ヘンゾは、乱暴かつ強引な部分も含めて「漢だぜ!!」と思わせるようなエピソードには枚挙にいとまが無く、このブログでも折に触れて紹介している
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050729#p1
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050319#p1

が、今回また伝説が一つ。
ちなみに似た話を、藤波にドラゴン・スープレックスで負けた選手の話として聴いたことがある(同じく負けの写真をパネルに)。選手の名前は忘れたが・・・