INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

今はインターハイの季節ですが。

あのですね、必要に迫られて高校レスリングの記録を調べていたんですが。
ここから先はただの誤解・勘違いかもしれないし、だとしたらただの私人というかプロでもない未成年の話なので申し訳ないので、違ってたらあまりおおごとにしないでほしいんですが、

http://www.japan-wrestling.jp/date/2006/domestic/04JOC1.html
 【カデット・フリースタイル】 ▼58kg級
[3]渡部修斗(栃木・足工大付高)


お名前が、ある格闘競技に似ている(というかそのままで)・・・プラス、その苗字と、所属高校が、その競技の初代ウエルター世界王者と同じなんですよ。



http://sadironman.seesaa.net/article/21632216.html

写真も強面揃い。桜木裕司瓜田幸造に交じって渡部優一さんや藤原敏男さんがいる! ・・・四代目タイガーもね。

掣圏真陰流 本部道場 興義館
東京都文京区本郷3−6−13太平ビル2F


総監 佐山サトル掣圏真陰流創始者修斗創始者初代タイガーマスク
館長 渡部優一(プロ修斗初代 ウエルター級王者)
師範  桜木裕司
師範代 瓜田幸造

おぉ、渡部優一さんが館長なのか! 渡部さんと言えばオレにとっては修斗よりもこれだね。

アジアのヒーローその4  仮面シューター・スーパー・ライダー(原色怪奇派図鑑)

 元々はSPWFでホッパーキングを名乗っていたが、見事東映の許可が取れて仮面シューター・スーパー・ライダーに改名。シューティングの経験があるらしく、キックや関節技を得意としている。着ているTシャツも修斗と書かれてるし。
また、妙に涙もろく、PWCのラストマッチやDDTの旗揚戦の時など、決まって涙声でマイクアピールを行っている。やはり、いい人なのだろう。しかし、97年10月より、内臓疾患で欠場していたが、98年の3月から復活。DJBattle1stで優勝するなど、相変わらずの強さを発揮している。

 私はSPWFの旗揚げ戦を観戦しているので渡部氏のプロレスデビュー戦をバッチリ見ている。PWCラストマッチ(最近一時復活した方ではありません)もDDTの旗揚げ戦も観ているので涙のマイク(マスクしてるから涙は見えないが)も見た。宇宙パワー木村浩一郎)と共にショッパイ選手たちを教育してた感があった。今のDDTの礎を築いた人の一人ですよ。

そうそう、こんないかにもインディーな人なのに「俺は真剣勝負なら誰にも負けない!」とかマイクで言い出して「何一言ってんの、この偽ライダー」と思ったら、その経歴を聞いて恐れ入りました、だったな。
さいころ紙プロに、インタビューが載ったこともある。



谷津嘉章も神風も中野も、もちろん三沢光晴川田利明足工大付属。
川田が卒業間じか、一年先輩で既に卒業、プロレス入りした三沢と
「僕もプロレスラーになりたいんですけど、練習はどうですかね?キツイですかね?」
「お前な、・・・・高校のときと比べたらめちゃくちゃラクだぞ」

というやり取りをしたのは周知の通り。(高阪剛も同じような感想持ってたな)

ちなみに渡部氏は三沢と確か同期で、主将を務めていた。
三沢も、人望的・実力的に主将候補の大本命だったのだが、合宿所を抜け出して、そのままプロレス団体の門を叩いた(ジャイアント馬場から「卒業後に来るように」といわれた)ので、顧問の監督が「お前を主将にしようと思ってたのに!」と怒ってなれなかったとか。


その足工大付属にこういう名の人がいる。レスリングも親子二代で活躍する人がすごく多いんだよね。
彼はインターハイにも、この夏出場するらしい。勘違いでもその通りでも頑張ってくださいね。