INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

曙vsボンヤスキー。あらほらさっさー。

最初にそんな話が浮上したとき、谷川さんの「それはおかしい、筋違い」とかのコメントが出されて、「おっ、やっぱり本道回帰する気だな」と思ったのですが・・・フェイントかけやがった。

でも、おれ結局イロモノ部分だけ集中して見るからなあ(笑)。アホだマヌケだ刑事犯だ出っ歯だ脱税者だとかいうても、結局視聴している俺たちが一番の応援者だよね、だよね。




さて、ここで紹介。無名人(文字通り)の書いた「K-1スーパースター列伝」。メチャ面白い。
K-1には事実だけでなく夢、ロマンも必要であり・・・

【引用者註:舞台はK-1韓国大会。 惨敗の曙が、選手の「負傷」により、一時はリザーバーとして出場がアナウンスされるが、曙が断ったとかで・・・】

谷川「だそうです」
石井「あの野郎下手に出てりゃ調子に乗りやがってコノヤロー せっかく体格差ある相手と当ててやってんのにヨォー  ああああ畜生ムカツク!(谷川の髪の毛を毟り取る)」
谷川「危ない危ない危ない!あー効いた!効いた!効いた!」
石井「ったくあのデブは・・・てめえなんか花田が来たら用済みなんだよ」
谷川「で、どうするんですか。リザーバーも骨折してるってアナウンスしちゃいましたよ」
石井「・・・・リザーバーを出す」
谷川「でもそれだと発表に矛盾が」
石井「大丈夫大丈夫、地上波ではカットするし。スカパーでK-1見てる奴なんて3桁ぐらいだろ(ゲラ
せいぜいネット上でオタが騒ぐぐらいだって。マスコミはこっちには逆らえないしな。世間には絶対にバレないよ。
なんせ未だに俺がこうやって裏から指示出してる事すら全くバレてないんだから(ゲラ
以前のルールと間違えてましたゴメンチャイでいこう」
谷川「んあ〜館長 頭イイ」



石井「あ、角田、今度はもうアナウンスせんでいいぞ。お前はもうさっきアナウンスしたからな。
お前が何度も露出するとなんか余計な不信感をもたれそうな気がする」
角田「え〜もっとテレビに映りたかったのにィ〜もっとテレビに映りたいよォ!目立ちたいヨォ!」
石井「わかったわかった 9月の開幕戦でたっぷり出番と台詞を用意してやるから」
角田「わーいやったー!!」


★この物語はフィクションです