INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ターンブル豪元首相が語る「シンゾー・アベとTPP-11」秘話(副題:TPP-11 はワシが育てた)


This is why the world will miss Shinzo Abe
His unique skill set greatly increased Japan's global stature and influence
マルコム・ターンブルはオーストラリアの元首相です。彼の回想録「A Bigger Picture」は、今年初めに発行されました。

世界、そして私たちの地域は、国際情勢にもたらされた賢明で着実な声安倍晋三を懐かしく思います。彼はオーストラリアの偉大な友人であり、長年にわたって2つの首相として共に働き、相互の率直さと信頼に基づいて温かい友情を築きました。

信三とのすべてのやりとりの中で、私は彼のユーモア、魅力、そして何よりも穏やかさに感銘を受けました。私は2017年11月にダナンでのAPEC会議で彼と一緒にいました。11か国の指導者たちは、TPP-11、つまりCPTPPを承認しようとしていました。アメリカを含む最初の契約は、バラク・オバマ前大統領のアジアへの戦略的枢軸の重要な要素であり、オーストラリアと同様に日本も熱心な参加者でした。


ドナルド・トランプ大統領が契約を撤回したとき、晋三を含むほとんどすべての人が契約は死んだと思った。私は残りの11か国はアメリカ人なしで進むべきだと主張した。私の反対派は、私が無駄な虚栄心プロジェクトを追求していると言いました。晋三は当初、TPP-11がトランプを怒らせる可能性があるだけでなく、日本の政治は非常に挑戦的であると懸念していました。彼はアメリカ市場へのアクセスの増加に基づいて日本人にTPPを売りました、そして今アメリカは出ていました。それにもかかわらず、2017年1月までにシドニーで会議が開催されましたが、契約を維持することに同意していました。そして、私と同じように、晋三は残りのTPP諸国にこの取引を続けるよう説得するために働き始めました。


2017年11月までに、すべてが合意されました。ペンは落ち着いていて、カメラは回転していた。しかし、土壇場でカナダは撤退しました。シンゾウとベトナム人ホストの両方にとって屈辱的でした。しかし、彼は怒りも憤慨もしませんでした。落ち着いて私たちは状況を再評価し、TPP-11がTPP-10または9になったとしてもあきらめないことを約束しました。彼は取引の経済的および戦略的利益の両方についてはっきりと見ており、私と同じように、両方を獲得することを決心しました。

そして、ついに2018年3月にTPP-11が承認されました。カナダは帰国し、他の誰も去らず、協定は現在効力を持っています。それは日本の責任なしには起こり得なかったでしょう。しかし、晋三として決定され、測定されたリーダーがいなければ、それは起こり得なかったと思います。立ち去るのはとても簡単で明白でした。しかし、晋三のおかげで私たちは保護貿易主義の高まりにもかかわらずこの協定を達成し、それが効力を持っているという事実は、米国を含む他の国々が時間とともに参加できることを意味します。


晋三は2012年に2度目の首相になったとき、彼がこの地域で達成したいこと、つまり法の支配が優勢であり、小さな国が彼らの運命を追求することができなかった「自由で開かれたインド太平洋」について明確な見解を持っていました。大きなものにいじめられたり、強制されたりする。それに対する主要な脅威は、中国の上昇している、そして潜在的に修正主義者であるように見えました。だからシンゾウの使命は、米国がこの地域に引き続き関与することを保証することであり、同時に中国は、ルールに基づく秩序のさらなる統合におけるパートナーになるべきであると説得された。


地域の戦略的バランスを維持することは、彼の長期的なビジョンの重要な部分でした。そのため、私たちは協力して、日本、オーストラリア、米国、インドとの四国安全保障対話に復帰しました。2016年にトランプが当選するまでに、中国は近隣諸国に東シナ海南シナ海で領土問題を推進するよう圧力をかけていました。人工島への前進基地の建設によって強化され、すべて国際法に反しています。


同時に、北朝鮮はその新しい指導者である金正恩の下で、核実験で挑発を増やし、拉致された日本人を返すことを拒否し、日本を飛び回るミサイルをすべて消滅の通常の血の凝結の脅威と結びつけて発射した。そして、悪化する環境に加えて、新しく選出されたトランプ大統領は、日本がアメリカの軍事基地のコストに十分に貢献していないと主張し、地域の同盟国に対するアメリカのコミットメントの価値に疑問を持ち始めました。彼の不規則なリーダーシップスタイルは、友人と敵を同様に不安にさせると計算され、地域の多くは、米国が将来的に信頼できるかどうか疑問を持ち始めました。

これらの課題は、晋三の資質のすべてを要求しました。トランプでは、彼が扱った他のどの指導者とも全く違う誰かとの信頼関係を築かなければなりませんでした。私たち3人が一緒にいたとき、トランプが日本の歴史についての挑発で彼を不安定にしようとしていたシンゾーを試していることがわかりました。晋三は平然としていて、いつも穏やかで、機嫌の良い様子でしたが、彼が追求したかった問題にいつも戻ってきました。

f:id:gryphon:20200830024004j:plain
トランプは当初、安倍に歴史問題で挑発的に振る舞ったという


歴史は日本とその指導者たちに重くのしかかっています。特に中国と韓国の隣国からの苦痛に強く気づいている日本は、それが古い好戦的な方法に戻ると見られないように、世界情勢でより強い発言をすることに消極的でした。

外国人には理解しにくい政治、歴史、心理学の複雑な組み合わせです。しかし私の見方では、安倍晋三は日本の世界的地位と影響力を高め、軍事力を強化することができ、同時に世界の終わり70周年のように率直さと反省で過去の犯罪の過ちを認めることができました2015年の第二次世界大戦

首相としての晋三氏の引退は、彼が長年にわたって尊敬されてきた国際評議会に大きなギャップを残すでしょう。私たちのすべての取引で、彼は深くまともで誠実でした。政治界ではあまりにもまれな資質。彼はひどく寂しくなるでしょうが、世界中の彼の多くの友人は彼の奉仕を彼に感謝し、彼の妻アキエとの健康と長く幸せな人生への迅速な復帰を願っています。

asia.nikkei.com


いやいやいや、この記事見て、なるほど、外国の政治家はこういう感じで、誰かの退陣や引退などを敬意を持って見送るように見せかけて自分の業績をアピールすんのか、と、そっちの方に感じ入りました(笑)。そんなに安倍がすごいとか、そんな話でもない。
ただ、そういえばTPP-11って最後にトルドーのカナダがごねたんだよなあ、とか思い出した。著作権延長の問題があるから、あの時壊れればよかったのに、と思わないでもないけどさ。



ただまあ昨日かいた、高邁な理念とかに基づくものではないが、安倍は基本的に世界の中で「従来秩序の維持者」としての役割をそれなりに果たした、それもトランプと対立ではなく、懐柔して現実のほうに引き寄せていく……という役割分担を結果的に負った、という見立ての補強資料にはなりそう。


m-dojo.hatenadiary.com