INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

今日がUFC韓国上陸日だった!!メインは「コリアンゾンビの夜」。新感染なるか。徴兵中のチェ・ドゥホも特別出場

どこに上陸するんですか。仁川ですか、とかいうな。一般の人にはネタがわからんし。

しかし忘れてた。なんか誤解してて、2月のナンバーシリーズだと思ってたよ。それはナンバーシリーズ並みにいいカードだからでもあるが


www.youtube.com

yunta.hatenablog.com
2度目の韓国大会。メインはアジア人最多5回目のメインイベンターとなるジョン・チャンソンが元ライト級王者エドガーと対戦する一戦。

当初は1年前にマックス・ホロウェイのタイトルに挑戦し、激闘の末KO負けしたブライアン・オルテガとの対戦が組まれていたが、オルテガが負傷欠場。同じくホロウェイに敗れたばかりのフランク・エドガーが代役に名乗りを上げた。…もともとは昨年10月にチャンソンとエドガーの対戦が組まれていたが、エドガーが負傷欠場し、チャンソンはヤイール・ロドリゲスと対戦している。

前回の韓国大会では兵役による活動休止中だったチャンソン。復帰後も以前と変わらない激闘ファイトを繰り広げ、すべてKO決着。
(略)
メインカードにはチェ・ドゥホは昨年1月以来、約2年ぶりの復帰戦を行う。ドゥホは現在兵役中で、国外に出ることができない状態だったが、地元韓国大会ということで試合出場が可能

まずいうておかなきゃいけないのは、韓国UFC選手は平均して勝率がすごくいい。少なくとも日本選手よりはすごくいい。計算すれば数字が出るんだろうけど、計算するまでもなく。
もっとも勝率がいいといっても、6割7割ではない、勝ったり負けたりだけど、少なくとも「地位を保証」されるほどの勝ち星と試合内容なのだ。ファイトオブナイトなども多いんじゃないかな?チャンソンやドゥホはDEEP上がりなので、DEEP出身ファイターのUFC勝率をあげている、ともいえる。


チャンソンは兵役を終え、ドゥホは兵役中。入る時期をある程度選べるので、スポーツ選手はキャリアをにらんで「さて、いつ入るか…」となる。やらないわけにも行かない…このへんは、韓流アイドルファンのほうが詳しいだろう。
その兵役中に一試合できるというのは、本人にとってもUFCにとってもファンにとってもボーナスだろう。

午後4時から放送と……うーんリアルタイムでは見られないな、終わった後も配信が続いていればいいのだが!!生放送だけかな??…あ、おれはファイトパスがあるんだった。