INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

”狂犬”マティス国防長官の辞任書簡が凄い。 「あなたの価値観に沿った国防長官を選ぶ権利があります」

 

「あなたの価値観に沿った国防長官を選ぶ権利があります」

 

世界辞任文学(なんてのがあるかどうか知らんが)の傑作のひとつと言えよう。まあ、こういうことの表明の仕方は、どの文化であろうとレトリックが発達していくでしょう。

 

さて、書簡の全文は…

原文はここから読める

edition.cnn.com

 

これを自力で翻訳すれば、元の著者たる狂犬将軍が著作権を主張するとは思えないから、自由に紹介し放題なのだが、英語キライ(笑)

 

なので日経新聞にある和訳全文を、少しばかり紹介

www.nikkei.com

 

親愛なる大統領閣下

私は第26代の国防長官として国防総省の職員らとともに米国の国民や理念を守る職務を担当してきました。

2年間で国家防衛戦略に盛り込んだいくつかの重要な目標に向けた進展があったことを誇りに思います。

(略)

同盟国に敬意を払い、悪意に満ちた者や戦略的な競争相手に注意を払うべきだという私の考えは、こうした問題に取り組んだ私の40年以上(の経験)に基づき、培われたものです。我々の安全保障や繁栄、価値観に最も資する国際秩序を推進するためにできることは全てやるべきです。我々は同盟という結束によって強くなるのです。

あなたは、これらの点について、あなたの考えにより近い人物を国防長官に据える権利があります。だから私は身を引く時だと考えています。私の任期の最終日は2019年2月28日とします。

(略)

私は215万人の軍人や73万2079人の国防総省文民が職務に集中し、米国民を守るための不眠不休のミッションを遂行できるよう円滑な移行に最善をつくすことを誓います。

この国や軍人たちに仕えることができて大変感謝しています