INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ニホンオオカミは、独り去る―黒澤浩樹、あまりにも若い死

ぼくは極真に
詳しゅうないので、PRIDE-1のときに「運営側兼選手として」登場し、PRIDE−1ではほんとに試合した、というところで印象に残る。
そして映像がある。



で、ねえ、ぶっちゃけ、この試合は…追悼の場でもあり「フルコンタクトKARATEで批判的に論評された」という婉曲表現にとどめておく。
あとは映像を各自、見て、評価してくれ。思わぬアクシデントで大けがして、それでも蹴りをおそらくは痛烈な痛みに耐えて繰り出した凄さはまた別よ?


そもそも!!
PRIDE−1というのは、海のものとも山のものともつかなかった。というか、むしろ闇のものというか(笑)

それはしんみりするけど、「よく考えたら、なぜPRIDEに関わったの?それも最初期に?というか作り上げる側だったの?」というと、ほんまわからんことも多いね。

実はPRIDE−6でも戦ったけど、その後K-1でもグローブ戦で戦った角田信朗、もいる。


その時代時代の人脈や、複雑怪奇さではウィーン会議の欧州外交にも匹敵する(笑)空手界の人間関係の変遷を見たほうが興味深いのかもしれない。
しかし、そういうのをひっくるめて、たたずまいのある空手家でした。


RIP。

追記