INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

夢枕獏・市原海樹資料集(2)

※(1)はこちらです
m-dojo.hatenadiary.com


2000年だったろうか、格闘技通信に唐突にこんな「広告」が出された。

 私は、格闘技については、まったく理解できないにもかかわらず、
好き勝手な発言により、格闘家の皆様の精神を害したことにつきまして、ここにお詫びいたします。

 とくに、数年前、もと大道塾市原海樹氏に対しましては、
その人物像を数回にわたり、無許可、無報酬で、出版物に掲載し、
多大なる御迷惑をおかけしたことにつきましても、お詫び申しあげます。

                                     作家 夢枕獏





そして
2001年ゴング格闘技に、突然、桜庭和志市原海樹の対談が掲載された。


司会 沈黙している間、ある作家の方が市原さんに対する謝罪文を雑誌に掲載しましたが・・・。


<市原>
 あれは僕が書かせたんです。全くあのままの文章で載せろ、と。


司会 なぜですか?


<市原>
 本当のことを知ってるのは僕だけかもしれませんが、周りがどう思おうと、
 僕が歯止めをかけないといけないと思ったからです。
 調子に乗らせてしまったのは、ある意味僕ですから、責任をとらなければ。
 僕は絶対に彼を認めない。絶対にね・・・。


まあ、。ぶっちゃけ、市原の「理不尽な八つ当たり」と見るのが妥当だろう。

もともと市原は部屋にはゴーマニズム宣言ノストラダムスの予言書しかなく、「1999年に地球は滅びる(かも)」とかなり本気で信じていた系の、ちょっと思い込みの激しい選手だった、ということである


2ちゃんねるのログ
http://piza.2ch.net/k1/kako/982/982959477.html


このまとめは謝罪騒動とは関係ないけど、UFC前夜、UFC直後の雰囲気を思い出す一助に。

UFC以前にグレイシーを知ってた作家・漫画家の話〜そして彼らの人脈と関係 - Togetterまとめ https://togetter.com/li/600660

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20050519
田野辺君が日本から持って来た本その2.
大槻ケンヂのプロレス・格闘技世紀の大凡戦! (洋泉社MOOK)」に、
1993年秋、グレイシー柔術の映像が日本で初めて見られた瞬間のことをアメプロ本などでおなじみの黒須田守くんが書いている。

「会社の先輩に当たる町山智浩から『面白いビデオ見るらしいから』とだけ聞かされてその場に連れて来られた僕は、グレイシー柔術という言葉自体も聞いたことがなければ、なぜそのビデオが貴重かもわからず、ただただ不思議な心持で主催者の笑顔を見ていた。いったい、この会合は何なのだ?」

ああ、オレ、全然説明しないでいきなり黒須田くんを連れて行っちゃったんだなあ(10年以上経って反省)。

それは夢枕獏さんが原稿を書くためにカンヅメになっていた京王プラザホテルの部屋でのビデオ会だった。
大道塾市原海樹選手がアルティメット大会に出ようかと考えていたので、UFCで最強だったグレイシー柔術とはどんなものなのかブラジルから夢枕さんがビデオを取り寄せて格闘技好きの友人に見せてくれたのだ。
オイラは大道塾の門弟でノンフィクション作家の岩上安身さんに誘われてお邪魔したのだが、つまり、「日本で初めて動くグレイシー柔術の映像が観られる」歴史的瞬間に立ち会ったわけだ。
他には板垣恵介さんも来ていた。
初めてグレイシーを見た時の日本人の反応はその黒須田くんの原稿を読んでね。

それから10年、「刑事まつり」の撮影で、グレイシーの全米女子チャンピオンのヘレンさんに絞め落とされながら、「ああ、グレイシーの名を初めて聞いたのは…」ってふと思い出したっけ。http://www.viragowrestling.com/home.asp

2020年補足

2020年3月に検索でこちらにいらっしゃった皆さん。
分かっています。吉田豪「書評の星座」を最新号のゴン格で読んで、この話をもっと詳しく知ろうと思ったんでしょ?

このツイートも、ついでにどうぞ。


GONG(ゴング)格闘技 2020年5月号

GONG(ゴング)格闘技 2020年5月号

  • 発売日: 2020/03/23
  • メディア: 雑誌