INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「マンガHONZ」がスタートしてた。「知的な人は漫画を読まない」とした成毛眞代表の真意は…クーデターか?

マンガHONZ
http://honz.jp/manga

たまたま最近、このうちのひとつのエントリ(ガンダムORIGINだったかな?)にブクマがついたりツイートでRTされたりして気づいた。
あ、これだこれだ。

http://honz.jp/articles/-/40440
ガンダムをこれから読むなら『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』から入るべき3つの理由

自分はHONZをほとんど利用(閲覧)してこなかったけど、もともと書評が大好きっこである。すでに読んでいる作品の書評をあらためて読むのも、知らない本の情報を書評で知る、あるいはそれで読んだ気になるのも大好きだ(笑)。

実際、いまのマンガHONを見ても、読んでみたくなる書評のラインナップがけっこうある。はてなアンテナに登録するのもやぶさかでない。(※もう、登録した)

ところで。
このマンガHONZ堀江貴文氏が仕切ってるそうで、募集を昨年末に行ってたそうですね。

「マンガHONZ」メンバーを募集します
堀江貴文2013年12月02日
http://honz.jp/35929

書店に行くとマンガは驚くほどの売り場面積を占めていて、バラエティ豊かである。
マンガであるというだけで毛嫌いして読まない人がいるのは残念だが、私のようなマンガ好きでも新しいタイプのマンガに出会うのは至難の業だ。
(略)。
良いマンガが山ほどある中から、良書をそっと拾い集める役割をするのが今回募集するキュレーターさんの役割である。これから世界規模で良質なマンガが続々と登場するのは間違いない。そんな中、良いマンガを発見するのに要する時間を取れない人達向けにキュレーターさん達の活躍の場が用意されているのである。

ふむう。
だが、

http://president.jp/articles/-/9833?page=2

「そもそも知的な人間は漫画なんて読まないよ。海外企業のマネジメントなんて、漫画本の表紙すら見たことないだろうねぇ。」

成毛眞(談)

なんである。敵は内部にいた。
まぁ「異論を認める風通しのいい組織」ってことでもいーんですが、ここで共和国内での深刻な路線対立、権力闘争を…テキトーに妄想したほうがたのしい(笑)。

http://honz.jp/search/author/%E6%88%90%E6%AF%9B%20%E7%9C%9E
成毛 眞
HONZ代表。元マイクロソフト社長。インスパイア取締役ファウンダー。スルガ銀行社外取締役早稲田大学ビジネススクール客員教授週刊新潮週刊東洋経済、月刊クーリエ・ジャポンにエッセイ連載中。産経新聞週刊朝日などに書評寄稿多数。代表的著書に『面白い本』『大人げない大人になれ』。雅号は「半覚斎」


…というか、三丁目の夕日の時代じゃあるまいし、いやしくも21世紀、平成の御世に書評のおしごとに携わる人が、「知的な人間は漫画なんて読まない」というミッシング・リンクな信念を持っているというの自体がちょっとした奇観で、当時も腹を抱えて笑ったもんである。
「カ、カテエ…まるで溶岩石のように凝り固まった成毛眞のアタマ!!」
てな感じで。
創業者がアレなことを言おうと、組織としてはそれをなかったことにして、常識的な路線を進まなきゃやってけねえよ、という点では新日本プロレス的ともいえるか(笑)。

なんにせよ、成毛代表の主張を組織を挙げて否定にかかった「漫画HONZ」の非知的な人々(※成毛氏の認定です)に幸あれ。