INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

リョートの強さはこれなのか?空手の「構え」の秘密(空拳乙女)

女性がコスプレしながらグローブをつけ、立ち技の頂点を目指すトーナメントを行うという漫画「空拳乙女」というのがアクションで連載されている。

空拳乙女(1) (アクションコミックス)

空拳乙女(1) (アクションコミックス)

入学した女子高に空手部がないことを悔やむ町田歩夢は、自ら同好会を作ろうとする。
独特の空気をまとったクラスメイト・春野かすみを勧誘するが断られ、さらには誘拐の危機に瀕したが…。
徒手空拳"──武器を持たず、己の身のみを頼りとする乙女たちの美しき世界を描く、女子高生空手ストーリー。
湯浅ヒトシの新境地、ついに1巻が発売!

何が何だか、の設定はともかく、貴重な格闘漫画の”生き残り”です。(そう、もう「生き残り」と表現するような数なんだよ!格闘漫画全体が!!)
んで、たしか決勝まで来たわけだが、「最近の空手の大会で上位に入る、しかも外国勢が多く使う構えは伝統的なものからやや異なっている。しかも効果的である」という解説が、唐突に入っている。しかもやたら専門的。
伝統的な「基立ち」に対して「カニ立ち」と仮称されている。

ほんとはもっとコマ数、ページ数を割いて専門的な解説がされているんだけど、2画像のみで。
彼女たちの服装は何?という話は省略する(笑)。
 
リョート・マチダ菊野克紀堀口恭司、それからアイスランドにもいたなあ…伝統から手がベースの格闘家、結構いるね。いや、数は少ないけどこっちがやはり注目して目立つ、という部分があるのだろうな。もちろん架空世界ではオールラウンダー廻の喬選手もいる。

そういう人がこの「カニ立ち」を使っているかは分からないけど、最近の…いや以前からかな?パンチを「より遠方に」当てるために、踏み込みやら姿勢やらをいろいろ工夫する中での工夫やら、肩甲骨が云々といった力学、姿勢に関する研究が盛んになっている気がする。
そんな中で、ちょっとこの作品の専門的っぽい解説ぶりに目を惹かれました。
最近、「空手小公子」ではあんまりこういった話はないけど、あれはあれでメジャー誌で生き残っているんだからすげえっす。