INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

NHKオンデマンド収入、前年同期比130%…この功績、第一次安倍政権のもの?

http://www.news-postseven.com/archives/20130910_210326.html
民放各局悲喜こもごもの一方で、実は一人勝ちの様相を見せているのがNHKだ。とくに自社コンテンツをネット上で配信する『NHKオンデマンド』が絶好調。「平成25年度第1四半期業務報告」によれば『あまちゃん』がヒットしたことなどにより、視聴料収入は前年同期比130%の3.9億円になった。
 さらに話題になったドキュメンタリー『世界初撮影! 深海の超巨大イカ』では、他局には真似のできない圧倒的な制作費と技術力を見せつけた。

後ろの行、余計だな(笑)。でも引用したかった。
今回は、マニア的な深い人気を一般性と共に持つ(とり・みきいわく「エヴァと同じ構造」)「あまちゃん」のそれがあるから、今後どうなるかは分からないけど、まずはいいことだろうし、視聴者側からの利便も大きい。
やはり「NHKオンデマンド」はやってよかったのではないか。
BSマンガ夜話」「マンガノゲンバ」を、いまだに全シリーズオンライン公開してないのは大いなる減点だが(笑)。
しかし、この「井沢元彦予言」実現の第一歩・・・かもしれない。

「視聴時間を指定」するテレビはオンデマンドに変わるか〜「ラピュタ」テレビ放送前に井沢元彦の予言を振り返る。 -
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130731/p3


さて。
この「NHKオンデマンド」って、実は第一次安倍政権と密接に絡んでいたよね?
それを裏で仕切っていたのが、そのときは若手の有能な手代、そしていまや大番頭の菅義偉氏だったんだよ。当時は総務相
NHKには値下げも迫ったり、並行して「ふるさと納税」を創設したり。ぼろぼろの第一次安倍政権で頭角を現したのだった。。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070326/266332/
総務省は2007年3月中に、放送法改正案を通常国会に提出する。NHKの経営委員会の機能を強化したり、NHKに本格的なインターネット進出を容認したりといったNHK関連の制度の見直しが主な改正内容である(表)。当初盛り込むことにしていた受信料の支払い義務化の条文については削除することになった。菅義偉総務相が、義務化する代わりに受信料の2割引き下げを約束するようにNHKに迫ったが、NHKが応じなかったためである。

で、当時反対が多かったんだよ。記憶にあるが資料はないので申し訳ないが、名指しすると東京新聞こちら特報部」だったかな。「オンデマンドなんて無駄か、少なくとも効果は不透明。こんなことより先にやることがある」と真っ向から反対してた。
実際、始めたころは大幅な赤字だった。


前年比130%の増(まだ四半期だし、今後「あまちゃん」終了もあるけど)というのは、「成功」なのかどうなのか…。独立採算とか民業圧迫論とか、いろんな変数も絡んでくる。ただ自分が興味を持ってここで引用したのは、要はひとつの政策が成功したか失敗したかは、スパンの取り方で変わってくるし、さらには成果が出たとき、失敗したころには、当初のそれへの期待も、悲観も忘れ去られてるな、ということです(笑)。
こんな議論、まだ5年前の話なのにね。


NHKオンデマンドのいろいろ、な話題。
「結局有料で売れるのは最近のドラマの見逃し分とかで、過去に大評判だった名作番組とかはほとんど売れない」というのは、「【記録する者】」にこだわる自分としてはとっても残念だった。これじゃ次々に古い作品がオンデマンドで復刻…とはならないな。

NHK受信料制度等専門調査会」報告書 雑感
http://wp.me/p11vAJ-86 @wordpressdotcomさんから

【西田宗千佳のRandomTracking】NHKオンデマンドから見える「ネット配信」の現状と課題 -AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/20100528_369934.html @avwatchさんから

小原: 特選ライブラリーには、たくさんの過去の名作を用意しました。例えば、NHK特集「シルクロード」や連続テレビ小説おしん」などです。昔のものだけに、非常に大変な手間とコストをかけて権利処理を行なったのですが……。

 これが、全然購入していただけないのです。単品の特選ライブラリーでは。結局人気は、最新、最近の番組の番組に集中しています。「シルクロード」や「おしん」は、結局ほとんど購入されていないんです。費用対効果を考えると、できる限り新しい番組に注力すべきだ、という形になっています。

ネットでの『あまちゃん』視聴はなぜ有料か 視聴者よりも利害調整を優先させたNHKのアンバランス/町田 徹(現代ビジネス) - Y!ニュース http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130709-00000001-gendaibiz-soci

[爆発的ヒットにならない「NHKオンデマンド」とダントツ人気の英BBCアイプレイヤー]
http://ukmedia.exblog.jp/15953138/