INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

藤子不二雄A「愛…しりそめし頃に…」の終了は、やはり体調問題が。

http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20130416
経由で、日経新聞を孫引き

日本経済新聞」朝刊4月16日(火)付に、「「まんが道」仲間に捧ぐ −トキワ荘を舞台とした自伝的作品、43年で完結−」という藤子不二雄A先生のインタビュー記事が掲載されています。
(略)
A先生はこの作品を終わらせたことについて、
「もう少し続けたいけれど、僕も79歳。現役でいられるのはありがたいがそろそろ限界かなあ、という気もしてきた。惜しまれつつ去るのが良いだろうと幕引きを決めた」
 と・・・
(略)
・・・最終回執筆後、大腸ポリープ除去のため2週間ほど入院されたそうです。そのさい大量出血して輸血することになり、5日間も集中治療室に入ったとのこと。
 今はもう元気になられたようですが、これまで内臓関係の病気をしてこなかったA先生だけに、この報には衝撃を受け動揺してしまいました


大腸ポリープはそんなに重い病気ではないと思うし、今まさにインタビューに答えられるぐらいなのだから安心したいところだが、やはりお年は79歳である。「愛・・・」の連載ペースもそれなりに配慮されたものであったけど、やはり年齢に応じたものとしてはやむを得ないことだろう。
A先生は、あと10年も20年も長生きすること、それ自体が文化であり、芸であり・・・「まんが道」であるかと思う。
実際、彼の昔話は以前聞いた内容であってもついつい聞いちゃうもの(笑)。ほとんど古典落語


ただ、例えば・・・A先生が気のおけない聞き手と、どんどんこの時代を雑談→それをまとめて「原作」にする→A先生が認めた描き手が「公認続編」を描く・・・なんてこともあっていいんじゃないかな。白土三平も「カムイ伝」2部の作画者は別だった。