INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

12月は「賞」の季節ですね。「このマンガがすごい!」は10日発売

流行語大賞

■年間大賞にスギちゃんの「ワイルドだろぉ」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121203/trd12120317050013-n1.htm

自分、よく考えたらこのかたの漫談?だかなんだかのネタって一回も見たこと無い。流行語大賞自体についても選考候補を選ぶ時点から、ここでも書いたように毎回「??」が点灯するが・・・それ以上に、これだけ一般紙からテレビまですべて取り上げる、というふうに、自分の賞の価値を高めた・・・その戦略、出世物語こそ見習うべきである。日本のユーキャン流行語大賞、外国の「TIME パーソン・オブ・ジ・イヤー」って感じだ。

そのTIMEの表紙(パーソン・オブ・ジ・イヤー)

一説には、パキスタンタリバン運動に「女性教育の象徴(※彼らにとっては「悪」)」として銃撃されたが、奇跡的に一命をとりとめたマララさんではないか、との推測を聞いた・・・噂段階で評するのもアレだが、順当なところ。

このマンガがすごい!(10日発売)

このマンガがすごい! 2013

このマンガがすごい! 2013

ついにネタバレ(1位バレ)してしまう、『表紙に1位作品掲載』はやめたのか、それとも不自然な空白があるからダミーなのか(笑)・・・たぶん後者だろう。空白部分にあとで2冊の表紙画像が載る、と。

以前、巷の予想として「衝撃的なラストだった『さよなら絶望先生』ではないか」というのを紹介したが・・・むつかしいかな。もっと王道系の何かかな・・・とも思うが、王道系の本命がいるかというといそうもない。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20121114/p2
ここには自分の願望も少し記した。

このミステリーがすごい!!(8日発売)

このミステリーがすごい! 2013年版

このミステリーがすごい! 2013年版

このマンガを読め!20日発売)

パクリ企画もここまで粘って続ければ「ライバル」だよね。

文化庁メディア芸術祭(中旬)

http://j-mediaarts.jp/
12月中旬・・・「このマンガがすごい!」より発表あとだっけか。国、お上の選定以上、あるいはそれに匹敵する存在感を持つようになった宝島社もすごいものよ。
でも逆に、やはり人口に膾炙するエンターテインメント出版社のイベントにも負けないぐらいのもの・・・それもマンガを、四角四面なお役所系の賞が選ぶというのもたいしたものかもしれない。
twitterもあるぜよ。
https://twitter.com/JMediaArtsFes

日本SF大賞は候補作6作

http://www.sfwj.or.jp/list.html

『機龍警察 自爆条項』     月村了衛早川書房
『ゴースト・オブ・ユートピア』 樺山三英早川書房
屍者の帝国』         伊藤計劃×円城塔河出書房新社

屍者の帝国

屍者の帝国

シュルレアリスト精神分析ボッシュ+ダリ+マグリット+エッシャー+初期荒巻義雄/論』 藤元登四郎中央公論事業出版)
『Delivery』          八杉将司(早川書房
『盤上の夜』          宮内悠介(東京創元社
盤上の夜 【創元日本SF叢書版】 (創元日本SF叢書)

盤上の夜 【創元日本SF叢書版】 (創元日本SF叢書)

ふたつひいきした(笑)今回は映画や漫画は候補作に入らなかったのか・・・「エヴァ」なども含め。
評論賞はこちら。浅羽通明「時間ループ物語論」は出版時期的に間に合わないかな?ノミネート自体も来年かな?
http://www.sfwj.or.jp/hyoron.html

んで、昨年一部で話題を呼んだ「完全公開選考・Ust中継」はことしもやるのか・・・についてはアナウンスはまだ無い。いつが選定日かもわからん。

2012年週刊文春ミステリーベスト10

今週かな・・・来週かな?
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2094