INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

青木真也、ベラトールにて敗れ…どこに、どう再挑戦?「ステップ」なきジレンマ

青木のツイートをまとめ。

https://twitter.com/#!/a_ok_i

応援ありがとうございました。結果はKO負け。この試合に向けてやれる事は全てやってきましたし真摯に取り組んできました。悔しい気持ちは勿論ありますがここ何年か戦ってきた見えない物から解放された気持ちもあります。ここらへんの気持ちはしっかりと整理したいと思います。
 
今回の負けで格闘技とより向き合えると思うしここ何年か変に突っ張ってやってきたものから解放されて等身大の自分でいけるかもしれません。この負けをしっかりと消化して+にする事が大切。応援ありがとうございました。
 
あと何時間かで空港に。はやく家族と過ごしたい。今はその気持ちが強い。試合に関しては色々と言われるとは思うが自分が必死にやった仕事。間違いなく必死に取り組んできたから。何言われても気にしない。

どうしてこれ以上、何を言うことがあるだろう。
ゆっくり休んで、ずっと海外で練習し顔も見なかったという、奥様や子供たちとしばし触れ合ってほしい。お疲れ様でした。


しかし、今後である。
思い起こせば、ギルバート・メレンデスストライクフォースで敗れた青木は、その後川尻達也を足関節で破壊し、マーカス・アウレリオロブ・マックロー、海外でビアボーム、と非(元)UFC、というくくりなら確かに上位選手を撃破、そして北岡悟…に勝利して価値を高め、相手も求めるような存在となったところで再度べラトールに挑んだ。
今度、同じことができるかといったら…
なにしろ現在、DREAMのライト級トーナメントに出た日本人選手6人のうち3人がフェザー級に転向、1人は引退。戦極ライト級のS4も半分の2人がフェザーになった(廣田瑞人もその噂は或る)。廣田との関係がややこしいが、彼の長期欠場を考えると「2位」だった北岡悟にこの前完勝したばかり。
そして海外非(元)UFC系ライト級も在庫は減少・・・。
こんど、もういちど、具体的にはライト級の世界ランキングに入る”ランキング戦”をどう組めばいいのか、といったら今までの枠組みではかなり苦しいことは確実だ。

思いつくのは、トーナメント優勝者なら誰にでも王座挑戦の資格を与える。逆に言えば原則、トーナメントに出ないと王座には挑戦できない・・・と公言するベラトールの、トーナメントに1から挑戦すること。もしくはUFCにも、新人として普通に挑戦すること。これ自体は可能かと思う。
しかし、待遇面で家族も持った青木がそれに甘んじることができるか。正直難しいだろう。
ではDREAMで、再度「ランキングアップ」ができるか、正直DREAM再開が現在まったく不透明で、加えてそこではたぶんに・・・というか王者なんだから「防衛戦」をするしかない。
それでは今までのような「非UFC系ナンバーワン」というような評価を取り戻すことは難しい。
正直、解は見つけにくい。
あたらしい一歩は、どこに向かって踏み出されるのだろう。

エディ・アルバレス、「人生を賭けた一戦」に勝つ

格闘家の試合はどれもすべてが命がけ、人生がけだが、アルバレスは今回、ベラトールとの再契約交渉が不調で、延長なしの最終契約の1戦としてこの試合に挑んだんだって(もう1試合、残っているとの説もある)。
ここで勝った以上、青木の首を手土産にUFCに帰順(殴りこみ、でもいいが)もできるし、「ほほほほ、ベラトールよ、俺と再契約したいなら現王者とのリマッチ組めや!それと契約書、ゼロの数がひとつ足りネーーーよ?落丁???」てな感じに、強気で臨むこともできる。
勝者は選択肢が広がり、敗者は選択肢がせばまる。