INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

UFCでシウバ秒殺KO負け。PRIDE戦士の黄昏に・・・

デジタル切り替えが進まず午前中は「契約できてません」と言われてたが、夕方は映るようになり何とか見られた。
この大会ではヴァンダレイ・シウバが1年4カ月ぶりに参戦したが・・・
http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20110703#1309659606
参照のこと。
一世を風靡した”絶対王者”がここまでの完敗を喫するとなると、最近ゲーリー・グッドリッジに関して報じられた「連戦のダメージ」「パンチドランカー」のことを考えざるを得ないが、こんな記事もある。

http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-1104.html

Fight Opinion に、「MMA選手の寿命9年説」というちょっと不思議なエッセイが掲載されていた。MMA選手が「UFCクオリティ」の対戦相手(それなりに強い対戦相手)とコンスタントに試合をし続け、そこそこ勝ち続けることが出来る期間は典型的に9年程度である、ということが、過去統計でまずまず実証できるという説である。
(略)
この現象は選手の年齢とは関係が無く、たとえば若いときから戦ってきていたカロ・パリジャンやジョー・スティーブンソンは、まだ20歳代だが9年ルールに悩まされている。この「9年ルール」によると・・・

翻訳紹介を読む限りでは、ちっとばかり粗い主張だとは思うしヴァンダレイは9年とかじゃ済まない戦歴だと思うが、あらゆるスポーツ選手に衰えは来る、ということと、(ことに格闘技は)年齢というよりプロ戦歴の時間に左右される、というのはあり得るかもしれない、と思った。

「ハンサム」を異名とする選手が登場した

もうひとつ書くならビッグカムバックのティト・オーティズや無敗のキム・ドンヒョンを飛び膝でKOしたカーロス・コンディットのことを書くべきだと自分でも思うのだが(笑)
http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20110703#1309657402

★UFC132:デニス・シヴァーvsマット・ワイマン
ワイマンのニックネームはなぜかハンサム。子供の頃、母親から「ハンサム」と呼ばれていたのを友人が聞いてあだ名になったんだとか。

昔、いしかわじゅんが書いたプロレスエッセイ本「プロレス大好き!」にハンサムレスラーベスト3、というのが載っていた。
1位はリック・フレアー。
2位は忘れた・・・・・・・・で、
3位がハーリー・レイス
「なぜなら、自分でそう言っているから」という解説がついていた。
そう、彼の正式名称はハンサム・ハーリー・レイス。元祖HHHなのです。
 
という、まったく誰の得にもならない情報をば披露した。