INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

K-1Ust放送(を観なかった)個人的感想…やはりネット動画は、TVと融合すればもう一段進むのでは

K-1MAXのUST放送がこの前行われた。
自分は視聴しなかった。
理由の第一はちょっと他に所用があった、ってだけなんだけど、仮に時間があっても微妙だったかもしれない。
そういう、ネット視聴に消極的な理由の、個人的にはかなり大きいものが「そういう習慣がないから」に尽きるんだよな。我ながら、ただそれだけで魅力的なコンテンツをスルーしていることに驚く。
自分も「公武堂TV」や「kamiproツイキャス」はほぼ常連といっていいし、ヒョードルストライクフォース参戦でvsロジャース、vsファブリシオの2試合、フジメグのベラトールなどはすべてネット映像で見た。
しかしそれであっても、まだ明確に「不慣れ」「習慣がない」ことがネット上の音声・動画視聴を妨げている。逆に言うとテレビってものは本当に習慣付けによって視聴者数が底上げされていると思う。
あと自分は、所有PCの安さを棚に上げて「やっぱりネット映像は肝心なところでカクカクになるし画質も粗いから」的なイメージがどこかにあると思う。
 
まあ、こんなのも旧世代のグチというもので、物心ついた時から(…はオーバーかな?)youtubeがあり、「ニコニコ生放送」もあったよという人は、新聞のTV欄をチェックするのと同じ感覚、まったく平等に「さーて今日はニコ生で何か面白いのやってないかな?」とチェックしたりしているのだろう。
自分はまた、諸事情あってインターネット回線はPCのみにつなぎ、HDDレコーダーやテレビとはつないでいない。これがつながっていればまた違うかも。
 
んで、そういう”旧世代”向けのつなぎにしかならないかもしれないけど・・・現状でいうとやはり「youtube」「ニコニコ生放送」「USTREAM」が、リモコンのチャンネルでNHKやフジテレビをぽんと押すと40インチの液晶画面に数秒で映る、そういうレベルに融合したテレビがあったら…そこでUstreamのK-1MAX63kgトーナメントが見られたら(録画出来たら)…と思うね。
こういう「ネット動画を見られるTV」、についてはこのブログでも何回か希望を書いたことがある。で、ブログやり始めの5、6年前に書いた時はコメント欄で「そういうのは一時出たんですけど撤退しました。需要が無かったんでしょうね」、1、2年前には「もう出ましたよ。今後普及するでしょう」というコメントがあったような気がする。
今は、そして今後はどうなっていくのでしょう。
その時は「ニコ生」もTV局と肩を並べる影響力を持つのだろうか。
今回のK-1MAXネット放送では、そういうハード面のインフラのことも考えてしまいました。