INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「革命家 10年すぎりゃ 独裁者」。よくある話…K-1「SHOWTIMEに出た選手は使わない」

昨日、K-1はついに会見を行った。
なんか、試合も発表されたようだが略す。TV中継(が無い事)についても言及されたようだが略す。
それらの諸問題は、

■6・25K-1MAXカード発表・谷川PがFEGの今後・新会社・STJについて語る
http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20110526#1306386594

を読むようにお願いします。
んで、これも結局はそこ経由なのだが

「(イッツショータイムジャパンについて)ルッツとはやりとりしているが、ジャパンは何も聞いていない。こちらに断りなく直接声をかけたりしている。付き合うつもりもないし、出た選手を使うつもりもない

これに山口元気氏が答えた言葉が、2011年前半の格闘界でも屈指の名台詞であった。
https://twitter.com/genkiyamaguchi/status/73557505065758720

1番最悪な「ここにあがったら、うちは上がらせない」が始まったか・・・それが嫌で始めた初心忘れたのかな・・・


いまや日本漫画界の頂点に立つ浦沢直樹の、80年代の出世作パイナップルARMY」より。これはリビア情勢のエントリーを書くときに紹介しようと準備していたもので、まさかこんな風に使うとは思いませんでしたが(笑)。
このエピソードは、同作品の中でも屈指の傑作なのだが(文庫版では4巻)、かつての革命家・現独裁者に命を狙われる側はこう語っている。

パイナップルARMY (Operation 4) (小学館文庫)

パイナップルARMY (Operation 4) (小学館文庫)

こんなtogetterを作って見ました

■「K-1谷川氏、ライバル団体に出た選手は使わないと宣言。その反響」
http://togetter.com/li/140676