INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

チュニジア「ジャスミン革命」あれこれ

ジャスミン革命を予言・予測できた人はいたか?

チュニジアの大統領追放に関する國分功一郎氏vs山形浩生の論争
http://togetter.com/li/90892
チュニジアジャスミン革命の「意外」性
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110120-00000304-newsweek-int

ニューズウィーク日本版 1月20日(木)22時9分配信
酒井啓子東京外国語大学大学院教授)

チュニジアの政変には、驚いた。
 中東に長期独裁を問題視する声は多かれど、その崩壊劇がチュニジアで起きるとは、予想していた者は多くはなかったに違いない。
(略)
今回の政変で意外なのは、反政府運動を主導するのにイスラーム主義系政党が前面に出ていない点だ。過去30年の間、中東で左派系、民族主義系の長期独裁政権に反旗を翻し、挑戦してきたのは、ほとんどがイスラーム主義系の政党だ。隣国アルジェリアで20年前に社会主義政権が崩壊したのは、総選挙でイスラーム勢力が勝利したことを契機とする。危機感を感じた当時のベンジャディード政権が、憲法停止など民主化に退行する手段をとり、イスラーム勢力と軍が衝突して凄惨な内戦が10年近く続いた。長年パレスチナの政治主流だったPLOに2006年に選挙で勝利したのは、イスラーム主義のハマースだ。独裁に反対し民衆運動を主導するのはイスラーム主義、と相場が決まっていた。
 一方で非イスラーム系のリベラル左派は、多くの国で力を失っていた。

チュニジア新政権の閣僚に「海賊党」のシンパがいる

http://www.newsweekjapan.jp/foreignpolicy/2011/01/post-219.php

 アマモウが若者・スポーツ担当大臣に任命されたのは、彼がインターネット上で築き上げてきた高い評判のおかげだといえるだろう。チュニジアで起こった今回の政権崩壊劇では、インターネットが重要な役割を果たした。

 ソフトウェア会社「アリクシス」で開発チームを率いるアマモウは、ツイッターで自らを「反・検閲、反・知的財産権の旗手」であり、「インターネットにおける中立性の賛同者」だと語っている。海賊党の主張に沿った発言だ。
(略)
スウェーデンとスイスの海賊党は、内部告発サイト「ウィキリークス」にとっての貴重な支援者でもある。彼らにサーバーやホスティングサービスを提供してくれているからだ。