INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

”シュレック関根”って実在すること自体がデタラメだろ、あれ。(2010年記事)

また例によってその時間は眠くなる自分は、録画を再生して今、関根シュレック秀樹をみたわけです。
ツイッターで思わずつぶやいた。
http://twitter.com/#!/gryphonjapan/status/15196589123436544

DEEP51でシュレック関根を見たんだが・・・ルールの盲点を突かれたなアレ。 DEEPはきちんと、ルールで「人類同士で試合する」と明記しておけよ

右が関根“シュレック”秀樹。   おい。
たしかこの人、最初に読んだのは柔術大会で優勝したという内容の「東京新聞」なんだよね。東京新聞はそもそも「中日新聞」が本体で、関根選手は浜松が本拠地なので、そういう縁で取り上げたのかもしれない。それを読んで「おっ、NHBニュースに取り上げようかな。でも柔術だし、地方の話になるのかな」と迷った記憶がある。結局取り上げたのかな。

おお、取り上げてた。
ニュースサイトはこういうわき道の記事がいかに重要かってことですよ。
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/52036821.html

2010年04月24日
【伝統競技 / 武道】 一般紙が BJJ 大会の優勝者を紹介。優勝者は、青木も在籍した「静岡県警」 < Gryphon
 
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20100424/CK2010042302000229.html
県警にブラジリアン柔術の世界王者誕生 
浜松中央署・関根巡査部長が喜びの報告

 静岡県警に世界チャンピオン誕生−。浜松中央署駅前交番の関根秀樹巡査部長(36)が、アラブ首長国連邦で今月開かれたブラジリアン柔術の世界大会「ワールドプロフェッショナル柔術カップ世界大会」の98キロ超級で優勝した。23日、優勝報告のため県警本部を訪れ、「何も持って帰らないわけにはいかない、との気持ちだった。ほっとしました」と喜びを語った。・・・

ああ、あんまりにも異形、いや違った偉業なので面白ニュース系のサイトにも取り上げられたんだっけ。
http://blog.livedoor.jp/wkwknews/archives/3082599.html

DEEP本戦に出る前、地域で行われた「クラブDEEP」の試合のレポートが漫画になっている。
■#48 ヘビー級警官シュレック関根!の巻
http://manabelldo.exblog.jp/13465049/


今回はまあ、まだまだ柔術家の総合試運転という感じではあったものの、DEEP重量級のトップ戦線にいた誠悟心理的にも肉体的にも圧倒。最後はKO勝利なのだから文句なしでしょう。

んで、勝利後インタビューで、ひとつの注目点でもある本職のことを聞かれて、「交番勤務です」だって。


黄金期の「こち亀」では、両さんが変な偶然が重なって髪型や風貌が普段以上に凄みを増してしまい、普通に勤務しようとすると周りの反応が違う、というギャグをやっていたけど、この男が本当に交番にいたら。
もし小学生が、親や先生の言いつけ通りに財布や定期を拾って、交番のおまわりさんにその落としものを届けにいったら。
PTSD

その交番の100キロ圏内は治安が良好すぎるだろ。
とにかく、そんなでたらめな見た目におどろきっぱなしでした。

Dynamite!で呼べばいいじゃん。

「デカくて1000円!!」(巨体レスラーはそれを見るだけで観客は1000円分満足する、の意)は谷津嘉章の名言だったが、そのとーり。
そしてシュレック関根は、デカクて千円、意外な本職で千円、人類じゃないで千円だ。
以前だって、「本職は福祉施設で働くリアルタイガーマスク」とか「本職はお笑い芸人」とかそういう芸風で大晦日出場権ゲットした選手はいたんだし、インターバルの短さはネックだけどダメージもほぼ負ってない様だし何とかならない?
あ、初日の出暴走の警戒があったか・・・。


追記 2021年に「東洋経済オンライン」に特集記事が/シュレック関根vsスダリオ剛、もし闘わば?

news.yahoo.co.jp

街中で喧嘩が起き、通報を受けて駆け付けると、荒ぶっていた人もたちまちおとなしくなったという。

 その後、機動隊を経て刑事課へ。暴力団関連の事案を担当する、いわゆるマル暴に配属された。相手が暴力団員でも、関根さんは一目置かれる存在だった。ある被疑者は、取り調べ担当が関根さんだと知ると、「あの怖い人か……」と肩を落としていたという。一方で、その人柄がスムーズな犯人逮捕につながったこともある。

 指名手配中の暴力団員の男が、とある場所に潜伏しているとの情報が入った。そこへ関根さんや刑事たちが突入した。男は刃物を所持しており、警察官が来たら刺そうと構えていたが、関根さんの姿を見た瞬間に観念したという。

 「僕が前に留置場の看守をしていたとき、当時14歳だった彼が入ってきたんです。さみしそうな顔をしているなと思って、夜どおし話を聞いて。後に彼は暴力団員になったのですが、そんな経緯があったから、僕を見て『関根さんに迷惑をかけられない』と抵抗を諦めたそうです。『暴れても関根さんには絶対勝てないから』とも言っていたけど(笑)」

ときに、もうひとりの怪物が生まれた…

www.youtube.com


 スダリオは試合後のマイクで「来年は日本のヘビー級の人たちをひとりずつ潰していくので、応援よろしくお願いします」と2021年、日本のヘビー級の頂点獲りを宣言した。

 試合後の会見では「とりあえずコロナで海外から日本に入って来れない間は日本のヘビー級を一人ずつ潰して、海外から来れるようになったら海外の選手とやりたい」と改めて語った。
news.yahoo.co.jp

ほほう、つまりそれは「シュレックもまとめて潰す!!」ということだが…。それは可能なりや?