INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

秋山の次戦、またもWOWOWで生放送。UFCが「中継戦争」をFEGに仕掛ける日。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20100816-00000011-spnavi-fight.html

10月16日にイギリス・ロンドンで開催されるUFC120(土・現地時間、日本では17日早朝4時よりWOWOWで生中継)では、メーンカードで秋山成勲が登場。UFC本大会で日本人ファイターがメーンを張るのはUFC72の岡見勇信以来、約3年ぶり。しかも、異例のUFC第3戦目でのメーンカード抜擢と、秋山へのUFCの期待の高さを伺えるマッチメークとなった。対戦相手はイギリスの英雄マイケル・ビスピン

イギリス興行だから午前4時になったけど、生中継はめでたい話。
さて、久々にこのネタでやるか。
=================================

ダナ・ホワイト丞相に臣グリフォン謹んで奏上す。
今や丞相閣下の御徳威を以って、DREAMを名乗る東夷の蛮族は追い詰められたり。聞くならく東亜の貨殖と結び、軍費を調達せんと四方に檄をとばすも呼応するものなく、食を欠き俸給も尽く。はや、その命数は数えられたり。

ここで申す、貪残虐烈無道のFEG討伐のため、もう一撃を与うべし、僭徒が今、生を繋ぐはPPVにあり。この機に合わせて対抗番組を立てるべし。
PPV、その醍醐味は「生」それ自身にあり。あたかもビールの如し。
ディレイ放送あるといえど、最初の1回を逃せば視聴者はその興味を失えり。あるものは地上波を観、あるものはYOUTUBEに行かん。


倭国に我ら、既に「PPV」を試す。スカパーは城門を開いたり。加えてUFC、既に閣下の徳を慕い降りし五味あり、岡見あり。WECには水垣あり。彼ら、本国のナンバーにてPPVとするには力量足らざるも「バーサス」「UFN」はメインを張らん。
これらのスカパーPPV、もしくは無料ライブを、FEGの興行日時に同時に行うべし。むろん、顧客獲得数にて勝つは能はず。されど嗤うべし、我らが千や二千の顧客を奪うなら、その金額は我らにとっては砂粒なれど、彼らには巨岩なるべし。バーサスもUFNも時差はあれど、ニアライブも可能なるべし。或いは豪州興行時は、倭国との時差無し。これらを敢えて、DREAM興行と同日にすべし。あるいは同じFEGとして、K-1と同日を狙うべし。
FEG、笑止にもPPVの後、夜に地上波を流す。
我らがPPVと同時期にぶつければ「FEGの大会は地上波で見るにしくはなし」と思うファン出ず。彼らのFEGへの補給は押さえられるべし。

スカパーのチューナー、一部は2局同時録画できるものもあれど、多くは一局なり。同時期にコンテンツを流せば直撃なり。
或いは一計あり、
無料にて閣下が得られた旧PRIDE興行の映像流すべし。
我ら既に閣下の徳にてノゲイラ、シウバ、五味、ミルコ、ショーグンを獲得す。彼の猛将の武勇、若き倭国のファンは知らざるも多し。今、PRIDEを流すは北に旧ファンを懐古させ、南に新規ファンを獲得す。一石二鳥の効果あらん。
局はWOWWOWを使うべし。時期をFEG興行にぶつけることを確約させる代わりに、値段は安く卸すべし。
「ついに日本で放送復活!PRIDE厳選名勝負、一挙5時間をWOWOWで!!」を、9月25日にぶつければ笹原は顔色失うべし、次のDynamiteも、DREAMも
ぶつけ続けるべし。さすれば倭国は、ダナ閣下の手中にあり。
ほほほのほ。

========

あー出鱈目漢文口調は疲れた

1、2年ぶりかね、このネタ。

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20081019#p2
この時以来か・・・
・・・あ、この献策、結果的にダナ閣下に採用されてるじゃん!!


ま、ダナ・ホワイトさんがそこまでしつこい「FEGつぶし」をやるかは分からない。口で日本の団体にはジョークだなんだと言っても、最近はむしろ無関心だし「バッシングでなくパッシング」って状況かもしれない。「知名度ある選手が育つファームはあっていい」ぐらいかもしれないしな(笑)。


ただ、再放送や無料放送、同日興行をライバル団体の日程に合わせて行うという”嫌がらせ”自体は、さんざんUFCはやってきた実績がある、というのもまた事実。
それに警告を発しました。
決して面白がっているわけでもけしかけてるわけでも。