INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ラッシャー木村のエピソード

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20100525#p1
に書いた「男の涙酒」の紹介がリンクに張られたようで、そこからの来訪者がこの前は多かった。それを逆にたどって、そのスレを見ると、ああこの逸話があったね、という話が。

http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/wres/1274687732/

お前名無しだろ:2010/05 /26(水) 11:37:25 id:HR7bnB1k0
ジャンボがセミリタイヤ後、筑波大学院に受かって最初に報告したのがラッシャーさん
J「木村さん今度僕マスター(修士)になるんですよ」
木「そうか頑張れよ。最初は小さい店なんだろうけど月に一度は飲みに行ってやるよ」
と言ったエピソードが好き

ははは。泣き笑いの逸話だ。これは私も以前聞いたことがあるんだが、何が初出だったろうか。

こちらは知らない話。名前の通りの人が実際に書いているのかも別に調べていない。

470 :お前名無しだろ:2010/05 /26(水) 04:00:30 id:DVKRLYCA0
若林健治スレに本人君臨。


960 名前:若林健治[] 投稿日:2010/05/25(火) 07:39:47 id:ax7zaFQY0
ラッシャー木村さんがいつも控え室で見せて下さった「笑顔」が忘れられません。
いつも自分のことより、鶴見五郎さんや高杉正彦さんのことを心配していた木村さん、
国際血盟軍時代も卵や石を投げこまれ何回も引越ししていた木村さん、
また捨て猫を拾ってきてしまったよと微笑んでいた木村さん、
馬場さんの前では直立不動の木村さん、
たまにマイクのネタを聞きにきてくれた木村さん、
よかったですよと褒めると本当に嬉しそうだった木村さん、
いつまでもプロレスを続けたいからと禁酒した木村さん、
でも「正月だから少しのんじゃった、デヘヘ」と照れる木村さん、
昭和プロレスでもう一度その勇姿を実況したかったです。
優しくて、照れ屋で、義理人情を大切にする木村さんが大好きでした。
心よりご冥福をお祈りいたします。若林健治


私が知っている他の逸話では、木村が国際プロレスの吉原社長と飲むときは1時間も2時間も、お互い一言もかわさず、ただぐいぐいと無言で何本もの焼酎を空け続けるだけだった…という話を聞いたことがある。