INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

山本KID徳郁、復活の鼓動は聞こえるか?世間を再び巻き込むか?

http://www.dreamofficial.com/free/news/detail.php?id=1274781146

010年5月25日
「日本最弱? それはちょっと許せない状況」
山本“KID”徳郁インタビュー

──今回の対戦相手のキコ・ロペス選手について、会見では「まったく一緒な感じ」ということをおっしゃっていました。
KID うん、ブンブン丸(笑)。身長、体重も同じくらいで、打撃でガンガン来るタイプ。
──ちょっとマイク・ザンビディス選手を彷彿させるような。
KID そうそう。だからガッチリ締めていきますよ。
──K-1 MAXでの試合も含めて3連敗中ですが……。
KID 勝つまでやらせてよ(笑)。てか、勝つまで絶対やるから。で、そこから絶対に勝ち続けるから。そういう気持ちです、オレは。


正直、KIDも試合することをちょっと失念していた気がする。それはKIDというより相手のキコ・ロペスについて私が無知だということに由来するんですが。

とにもかくにも連敗というのはつらい。
あれだけ”世間”に届いていたはずの選手だが、コア以外の中間層、ライト層がどと格闘技自体から離れた今、おそらく相対的にKIDファンの減少率は高いのだろう(それだけ中間層を取り込めたのがKIDだ、ってことだが)。
でも、元はアマレスと強烈なパウンドをベースにした、コア向けの戦いが出来るファイターでもあったはず。金網はおしなべてレスラー系に有利、という単純な見立てなら、派手な復活を見せるかもしれない。そこに期待しましょう。