INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

UFNがやっと地上波放送決定&アジアで専門CH放送。「輸出品としてのスポーツ」は。

テレビ東京での地上波放送はすでにこのブログでは既出の話(えへん)なので、よかったですねということで。

こちらの新しいニュースを。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20100310-00000014-spnavi-fight.html

・・・UFCは9日、アジアで初となる24時間スポーツ専門チャンネル「All Sports Network(ASN)」と長期契約を結んだと発表した。これにより香港や台湾などアジア11カ国にUFCの映像を配信できることになる。

 ASNでUFCの放送が開始されるのは、4月10日にUAEのアブダビで行なわれる「UFC112」から。加えて、過去のUFC名勝負のハイライトや、UFCへの登竜門と言われるリアリティ番組「The Ultimate Fighter(TUF)」の視聴も可能となる。

 ASNのトーマス・クレッスナーCEOは、「世界で最も成長著しいスポーツであるUFCを放送できることにぞくぞくしている。私たちの視聴者も必ずや満足することだろう」と興奮を隠さない。

当ブログで、おそらくはずれているらしい(状況はあまり入ってこない)予想として「日本でこれだけ総合格闘技や格闘技が定着した以上、それは韓国でのちに格闘技ブームが起こったように台湾に飛び火し、『台湾格闘技』ブームが起こるだろう」というのがあった、聞くところによると、まず入り口段階としてPRIDEなどの格闘技番組がぶつ切りにされて予告や前宣伝などは何も無く、ただランダムに流されているだけだった・・・というのが4、5年前の現状だった。
今回、世界最大団体による、潜在市場を持つアジア先進国への再挑戦となる。
「たくさんあるスポーツ番組の中の一部」という位置づけは幸か不幸かわからないが、うまく根付けばいいのだが。

そして「ASN」が日本では関係ない、幸と不幸

ASNね。日本ではおそらく縁のない放送局で、今回の放送も縁がない。
日本は、よくも悪くも世界では飛びぬけて豊かな1億人の市場がある。基本的にはずっと独立を保ち、言語も日本だけで通じる言葉。だからどんなものでも基本的に「日本オリジナル」が生まれる。
規模的に小さい、たとえば新興アジア地域などは、ソフトも含め、また香港などは植民地の歴史と英語の関係もあって「世界市場」に直結する。
最近「ガラパゴス化」「パラダイス鎖国」などのキーワードで論じられるような話だが。
何が幸いするのか、失敗の種となるのかはわからない。塞翁が馬でいくしかないか。

パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)

パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)

超ガラパゴス戦略~日本が世界で勝つ価値創出の仕掛け

超ガラパゴス戦略~日本が世界で勝つ価値創出の仕掛け

関連記事

http://www.kamipro.com/column/korea.php

■『ネオファイト』がアジア24ヵ国でテレビ放送決定! 
韓国内の複数のメディアが報じたところによると、スピリットMCと並ぶ韓国格闘技界の老舗イベント『ネオファイト』が、アジア24ヵ国、3億人が視聴するESPN STAR TVで放送されることになった。ESPN STARはウォルトディズニーとSTAR TVが50:50で出資した会社で、全世界24ヵ国で、19チャンネルを放映するアジア最高のスポーツチャンネルだ。韓国の『ネオファイト』の関係者は「ESPN STAR TVはMMAビジネスの将来性を高く評価し、2010年からMMAビジネスを取り上げていくことを決めた。そのうえでESPN STAR TVはアジアに存在する代表的なMMAイベントと交渉を開始し、経営的な正統性や安全性など、さまざまな要素を検討した結果、韓国のMMAイベント『ネオファイト』と独占契約を結ぶこととなった」とコメントしている。

「実質ワシらがやっとるんや」な人がいたっていいじゃねえかよう。

そういえばSAPIO最新号の特集を聞きましたか奥さん。

SPECIAL REPORT:「日の丸エレクトロニクス惨敗」衝撃の現実
もはやシェアだけでなく技術も韓国・台湾に抜かれる恐ろしい「未来予想図」/本誌編集部


携帯電話 世界最高水準の「日本のケータイ」を“ガラパゴス”に閉じこめた主犯は誰か!?/石川温 81
検証 メイド・イン・ジャパン神話崩壊! 家電「ジャパン・フリー生活」のリアル/岡安学 84
中国新市場 「家電下郷」で出現した中国巨大新市場のたった5%も取れなかったという大ショック/本誌編集部 86
歴史と未来 日の丸エレクトロニクスの手中に最後に残るのは「匠の技」だけだ/大前研一

SAPIO (サピオ) 2010年 3/31号 [雑誌]

SAPIO (サピオ) 2010年 3/31号 [雑誌]