【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

夢枕獏が「犬夜叉」を題材に「強さの比較」「長期連載とその終わらせ方」語った(BSマンガ夜話)

BSマンガ夜話最終?シリーズ、、夜は眠かったので録画を本日見た。
夢枕氏が、相変わらずにこにこしながら語る。
バックステージではいしかわじゅん夏目房之介と、大晦日興行のうわさでもしていたんだろう。岡田斗司夫をハブにして(笑)

犬夜叉」論から夢枕氏が語ったあれこれで、ちょっと気になったこと。

犬夜叉 56 (少年サンデーコミックス)

犬夜叉 56 (少年サンデーコミックス)

引き伸ばしと決着について

ほんっと、すごい(感嘆にたえぬといった表情で)
これね、どこがすごいっておれ本当にすごいと思ったのはね、
これ本当はもっと早く終わる話なんだよ(笑)。
人気があるからね、これ続いたと思うんだよね。
そのためにあのー、鉄砕牙(主人公の武器)の能力が、
あのトートーサイ(人名)出てくるたんびにね、次々こう、
「おまえはまだ真の力を出していない」と何回ぐらい・・・
7回ぐらい、おれ数えたところではね(爆笑)、


これでどんどん伸ばしていくんだよ。
普通これだけ伸ばしたらね、コケちゃうんだよ。
最後に作者は力尽きて、へんっにつまんない終わらせ方をするんだよ。
こういうのはだいたい。ふつうは。
人気が無くなってね、そんときに終わらせるってことなんだけど、
高橋留美子すごいのは、そうやって伸ばしながらね、やっぱりケリつけているんだよね。

強さの比較(未発表に終わった)

本当に強いのはだれかかってのが、俺たち楽しみで読むし
俺の場合はね、殺生丸と奈落とどっちが上よ?ってのを、それを高橋留美子がどう描くか、
ってのがやっぱり興味あって読んでるわけだよ。
それでね、えーとそん中でね、
最初に奈落と、殺生丸が出会うところが・・・いいんですよ皆さん、これね…だんだかだん
(・・・※ページをめくったが見つからない、司会が「時間無いよ」と促すと・・・)
惜しいねぇ〜。じゃあ次だな(次ってなんだよ!)

長編を書くもののつらさ

俺の経験で言うとね、
長いものを書いているときに
「誰か代わってくれ!」と思うんだけど、代わりはいないんだよ。
作者は物語を選ぶけど、物語は作者を選べないんだよ!
高橋留美子でよかったなあ…と。

どれももっともな、いいせりふだが、発言者が夢枕獏というのが。特に「長期連載」「その終わらせ方」についての発言だと思うと(爆笑)。

餓狼伝〈13〉 (双葉文庫)

餓狼伝〈13〉 (双葉文庫)

東天の獅子〈第2巻〉天の巻・嘉納流柔術

東天の獅子〈第2巻〉天の巻・嘉納流柔術

獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)

獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)