INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ロード・トゥKID? 青木? 所? 年末DEEPでDREAM参戦候補が見えてきた。

昨日のDEEPは放送が長丁場で、自分の日中の仕事がいそがしくて疲れてたこともあって途中でちょっと寝ちゃったが(笑)その部分を見直すといい興行だった。
既に他団体でビッグネームといっていい存在になっているファイターの試合も当然注目で、DJ.taiki vs 植松直哉がああいう結果になるとは思わなかったし、”さらばパンクラス昇侍が、AACC大塚隆史とたたかった試合は、タックルマシーンvs倒されてもすぐに軟体動物のように起き上がるファイターという、盛り上がるひとつの典型でした。
このへんの勝者は順当に経験値を貯めていって、DREAMも見えてくるだろう。


帯谷とか白井は、既にたくさん試合を見ているはずなのだが、個人的にはなーんか印象が薄くて「えー、メジャーにくるのお?」とちょっとやな感じだが、今回の実績も優れているんだから仕方ない。


あれだけの理論家だが、門下生が大活躍しているとは正直言いがたかった高阪剛の下に生まれた最強の弟子・菊野克紀も、空手のベースもあり評価は高まる一方だ。(相手の韓国人も強かったねー。中村K太郎に勝利した選手だったそうだが、正直韓国人の名前がカタカナ表記されると、「キム」や「イ」という姓が多いあちらの特質上、類似しすぎて覚えられん。)



あと、今まであまり目立たないのが不思議だった内藤征弥が対抗戦ですごい打撃を見せて圧勝した。パンクラス時代の、あんな大型選手なのに起用に三角締めを使うところのほうが印象に残っていたが、パンチもすごいなあ。本当だったら、ライトなファンも含めて知らない人はいない、という地位まで上ってもいい選手だったはず。途中でケガのブランクがあったんだっけ?


というわけで、順当にいい選手を選別する機能が、ことに今回のDEEPは発揮されていました。