INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

K-1GPの視聴率が同時間帯1位で、こういう路線が続いたりして(と思いきや、以下のタイトルが正当)。K-1視聴率、見かけ上上昇も、前年の誤差の範囲。

http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20081209#1228774799
経由で
http://homepage2.nifty.com/yama-a/viewing_rate16.htm

このことを踏まえたうえで言わないと何にもならん。下の話はそれを踏まえていませんでしたので修正します。


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/headlines/20081208-00000017-spnavi-fight.html

6日に開催され、同日テレビ放映された「K−1 WORLD GP 2008 FINAL」の視聴率が8日に発表され、平均視聴率が16.1%、瞬間最高視聴率が23時03分時点の19.6%という結果になった。

 これを受け、K−1イベントプロデューサーの谷川貞治氏がFEGを通じてコメントを発表し、「新しいK−1に対する期待感や勝敗に対する興味が出たのではないでしょうか」と、グーカン・サキエロール・ジマーマンなどフレッシュな顔ぶれが期待感をあおり視聴者を惹きつけたのではと分析。今回の数字を「大健闘」と語り、「この数字をステップに大みそかDynamite!!につなげて格闘技界を盛り上げていければと思います」と大みそか決戦を見据えていた。


これでセーム・シュルト放逐という路線に自信をつけたことは間違いないのか。
あと、「9時またぎのときはテイクダウンして踏みつけ、よろー!」とかTBSのディレクターが言ってたりしてね。

夏目房之介氏のK-1感想

ほぼ毎回、氏はK-1地上波放送の感想を書いておられる。
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2008/12/k-1-b9a0.html

いやあー、バダ・ハリとエロール・ジンマーマンの試合は最高に面白かったなー。やっぱバダの試合は面白い・・・・と思ってたら、決勝戦で…(略)