INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

キンボの相手「立って闘えと言われた」発言が”世間”の大問題に発展?

http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-288.html

アメリカ版やくみつるエリートXCを叩く」


・・・BloodyElbowは、アメリカのアンチMMA派のジャーナリスト達がメインストリームのメディアで、エリートXC八百長疑惑を受けて「それれみたことか」的なコメントを乱発し始めたと案じています。Micheal Wilbon とか Tony Kornheiser といったコメンテーターが該当するそうですが、ほとんど何の専門家でもなく、一貫性もなく、エリートXCUFCの違いも分からないくせに、番組と視聴者を持っているこの人たちは、MMA全体が八百長であるとか、ペトルゼリを「勝たせるための」八百長だといった発言をしたり顔で始めているようです。アメリカにも「やくみつる」のようなヤカラがいると言うことでしょう。


アメリカ版やくみつる」は、いささかビジュアル的に想像しがたい(笑) 格闘技プロモーター(スーパーバイザー)版やくみつるは、多少想像の範疇だが(一部の人笑)。

ま、それはそれとして、いきなりだと流れがわからん人もいるのでおさらい。詳しくはOMASUKIFIGHTやMMAIRONMAN、GAMEANDMMAの御三家過去ログをチェック。


エリートXC第三回地上波放送は、高視聴率獲得
■メインはキンボ・スライスvsケン・シャムロックだったが、シャムロックは直前の負傷で欠場
セス・ペトルゼリ(サップとK-1で闘った人)が急きょ代役。だがキンボを14秒でKO(笑)
■一躍時の人のセス。だが「立って闘えと団体に言われたよ。ボーナスを出すよって」と口を滑らす。
■キンボは寝技が苦手(のはず)。人気者キンボの勝つ確率を高める”八百長”ではないかと批判勃発。


やっかいなのが、キンボ・スライスは時の人であるため、バッシングも専門サイトを越えつつあるという。それがリンク先のOMASUKIの趣旨で「アメリカ版やくみつる」につながる。まあ厄介すね。
それに、「飛び火」する部分がある。

そう、PRIDEとガイ・メッツァーね。覚えてますか?
ここから上の御三家当該エントリへの、リンクまとめがある
「PRIDE 】 ガイ・メッツアー「 PRIDE 八百長告白」騒動/メイヘムの”八百長破り”? 」
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/51596713.html

要約
・メッツアーが最初「自分がやりたくないことを要請された。それを断ったら立場が悪くなった」

八百長のことだ!とファン騒然

・メッツアー再発言「いや、判定やレフェリーには不満があるが、俺は勝つために全力ファイトをしていた。」
「ただし佐竹雅昭戦では、『何時もプライドの会場に来て、多くの日本人選手に付き添った二人の日本人から接触があった。」
スタンドで戦い続けてくれとの要請だった
そういう試合をしてくれたら埋め合わせをすると言った
「前試合を負けた佐竹にとって勝つことが重要だと話し始めた」
「佐竹側としての要請か、PRIDE側としての要請かは知らない」

============
※戦法の指定・要請が、どこまで試合結果へのコントロールと言えるかは人によって違うかもしれません。特に、本人や対戦相手に得手不得手が明白なときは


『「戦法の指定」だ、負けろといってるのじゃない』のだったらギリギリ「アグレッシブに闘ってくれ」の延長線上で、言い訳が聞くかな?という贔屓目で見たいところだが、キンボ騒動で「それも八百長だ!」という認定がされるのだったら、PRIDEも遡って「有罪」となりかねない。メッツァーが吐いた唾のまん限り。まあ、もう歴史だろうか。


OMASUKIで紹介されている、ブラッディーエルボーの一般メディア論評を訳してみたかったが、歯が立たなかった(笑)
”Some Members of Mainstream Press Are Not Our Allies”
(主流メディアの何人かは、われわれの味方ではない)
http://www.bloodyelbow.com/2008/10/10/632355/some-members-of-mainstream

CBSは、自局のコンテンツに降りかかった疑惑をどう報道するか。

「60ミニッツ」でやったらすごい(笑)。でもやっぱり、亀田の時のTBSみたいになるんじゃなかろうか。あの時の筑紫哲也氏の思考停止っぷりはすごかったが。