【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

石井”フリーダム”慧がNHK特集で。レスリング女子の吉田は「情熱大陸」

http://www.nhk.or.jp/special/onair/080830.html

2008年8月30日(土) 午後10時〜10時44分
総合テレビ

日本柔道を救った男
石井慧 金メダルへの執念〜


8 月8日に開幕した北京オリンピック。日本柔道男子はメダルわずか2個という過去最低の結果に終わった。立ちはだかったのはヨーロッパを中心に広がる “JUDO”。日本伝統の一本をとりにいく柔道ではなく、組みあわずに直接足を狙うタックルや、相手に反則ポイントが与えられるように仕掛けて勝つ柔道だ。その存在は対日本選手にだけでなく、あらゆる試合で見られ、今の柔道の主流となっていることを示した。

その“JUDO”を堂々と征し、金メダルを決めた男がいる。100キロ超級の日本代表・石井慧・21歳だ。決勝こそ優勢勝ちに終わったものの、準決勝までの4試合はすべて一本勝ち。 “JUDO”を完全に手の内に納めての鮮やかな金メダルだった。石井は今年1月から3月にかけてヨーロッパで開かれた国際大会「サーキット」に参加。パワーに加え、戦術や駆け引きをも駆使する“JUDO”を吸収していった。4月の日本選手権では、「一本勝ちにこだわらない」「効果や指導でも勝ちにいく」というまさに“JUDO”を実践し、五輪代表の座を手に入れた。

そして臨んだ北京。いつものように早い段階で動き周る石井に、防戦一方の相手は指導を取られる。ポイントを取って勝つ“JUDO”ならこれで十分。しかし、石井が見せた柔道は更に進化していた。ポイントをとられ、焦る相手が前に出てきたところに投げを打ち、押さえ込み、一本を決める。まさに“JUDO”に“柔の道”を加え進化した完璧な柔道だった。

多様な変化をとげ世界に広がる“JUDO”に成す術もなく低迷する日本柔道。「変化に対応できるものこそが一番強い」と語る石井の柔道に、復活の手がかりを見出すことは出来ないか。
番組では、“JUDO”を肌で体現した1月のサーキットから北京で金メダルを獲得するまでの石井の戦いを本人と対戦相手の証言を交え分析。日本柔道、復活のカギを探る。


NHKなんだよな、今回「柔道vsJUDO」の対立概念をいちばん煽ったのは。
なんでNHKが、因縁のないところにも無理やり対立概念を作り出す佐藤大輔イズムを受け継いでいるんだ(笑)
この概念がトリックであるという批判が、

GONG(ゴング)格闘技2008年10月号

GONG(ゴング)格闘技2008年10月号

松原隆一郎インタビュー( http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080826#p2 )やセンセイ・カシワザキのインタビューに出ているので、この番組を見る前に是非それに目を通し、はたしてどちらが正しいのか Do Judgeをお願いしたい。

ただ、幻の対立概念でも、それでキャッチーなものにしてあまたいる金メダリストの中から、一人を特集できるようにしたんだからその時点で勝ちなんだよ、とNHKスタッフも実は言っているのかもしれない。たしかに今回、石井が特集されるのはむう、それはうれしいことなんだから。


石井の発言のオモロさについて

ウィキペディアの「石井慧」

・・・石井の発言があまりに奔放すぎるため、北京で金メダルを獲得した後も全日本柔道連盟がテレビ出演をすべて断っている。雑誌取材も『近代柔道』以外は全て却下されており、石井は「喋りでも実力があるところを見せたかった。」「(他のメダリストのように)生放送出演したかった。」と残念がった

http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-242.html
では「石井慧フリーダム」という異名を紹介している。実際のとこ、ハッスルのあの小川直也、坂口を殴った小川に、柔道の金メダルをあげちゃうというのはとってもキャッチーなエピソードではあるけれども、あのおかたい日本柔道界の中では、内部的にはシャレですまないさまざまなハレーションが起きてしまうと思う。それを十分予測していて、それでも遭えてやる、ということのようだが、それはやっぱり恐ろしい子だなあ。と。

んでレスリング吉田は「情熱大陸

2008年8月31日
吉田沙保里
女子レスリン

 女子レスリング・吉田沙保里
 8月16日、北京オリンピック女子レスリング55キロ級で金メダルを獲得、前回のアテネに続きオリンピック連覇を果たした。
 2001年以降、なんと119連勝。無敵を誇ったレスリングの女王だが、今年1月に国別対抗戦ワールドカップの米国戦でまさかの敗戦・・・連勝記録はストップした。女王が人目をはばからず泣きじゃくった。
 この敗戦が、吉田に一体どんな影響を及ぼしたのか?その後、オリンピックまでを吉田はどのように闘い、連覇を期待されるプレッシャーとどう向き合ってきたのか?
 番組では、北京で再び金メダルを手にするまでの200日に密着。女王の復活にはどんなドラマがあったのだろうか?