INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

石井慧の偽悪的”ヒール志向”は更に加速…でも真のヒール道は修羅道。究められるか


動画つきニュースで。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00142253.html

石井 慧選手が町内運動会で「ズル」、子どもたちもあぜん 「人生の厳しさを指導した」


「体育の日」の13日、北京オリンピック柔道の金メダリスト・石井 慧選手(21)が、町内の運動会に参加した。
石井選手は、子どもたちと障害物競走に挑んだ。
最初は網くぐりだったが、そのまま走り抜け、「ズル」をしてトップでゴールした。
石井選手は「人生の厳しさを、人生の先輩である自分が指導しました。他人をけ落としてでも自分がのし上がる心を持たないと、日本が駄目になる。きょうはそういうことを指導しに来た。ズルしてでも勝つ」と語った。
これに対し、子どもは「あれはちょっと大人げない」と語った。

痛いニュース」サイトかと思っちゃったよ(笑)
最後の子供のコメントとかはかなり誘導的に言わせたような気もするが、石井がそもそもネタ振りをしたからだしな(笑)。
それはそれとして、石井もこれが顰蹙を買うことは分かっているだろう。

ただ、ハハハ、石井らしい言い方だな的な受け取り方、「過激にして愛嬌あり」のような感じになるか、それともマジに嫌われてくるか、この波の読み方は株式市場の相場感に負けないほど難しい。
今回の一件も、

これまで全体の流れも
正直、どっちに転んでいくかはちょっと読みにくい。個人的には子供運動会のねたも面白いけど、ちょっと受け手を選ぶような性質のギャグで、マスに受けるとは思えない。

そういえば昔、こち亀

「ずるい」「ひきょう」は
敗者のたわごと!
たとえ あそびでも
勝たねばならん
これが 両津流
遊び道だ

と、両さんが子供たちに説く場面があった。カンケリだが(笑)


まあ、秋山成勲から・・・といいたいところだが、マイケルジャクソンは二人もいらん(笑)