INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ミルコよ,汝の足首は我が一族への供物なり…悪魔の"グレイシーアキレス"を我ら目撃す!

なんで金払って、ミルコのお稽古事を見学しなきゃいかんのだ、とか、とんだ「寝床」だとか、総合の大会で組み技試合を組んで盛り上がったことあるのか、とか散々の言われようです。ドリーム、クレーム、クレーム、さらにクレームって勢い。


その背景にあるのはファブリシオや”バットマン”ベンチッチにしごかれたミルコ、まさかグレイシーから一本は取れないだろうが、体格差を利用してガチガチにクロスガードで固めて時間切れ引き分けだろう、というような予想があるからではないだろうか。


ところが。

http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20080528
のコメント欄で当方も思い出しました

ムジナ 2008/05/29 12:26
・・・ハレックに関しては某有名柔術家を悶絶させた必殺グレイシーアキレスをかまして貰いたいですね。しっかし、このグレイシーアキレスも不思議な技ですよね。何年も前から選手たちの間では知られていて、様々な選手がその破壊力を体験しているのにいまだにメカニズムが解明されていないんですから。

lutalivre 2008/05/30 22:21
ありましたね>グレイシーアキレス。これは是非仕掛けてもらいたいです。


グレイシーアキレス。
グレイシーというのはリアルか幻想か、というのはこの前の「戦極」煽りVでもテーマになっていたのだが、この技?に関しても、いまだに底が見えない。

つまりざっくりいうと、新世代グレイシーなる連中、だれがどうというか、みなこぞってこのアキレス腱を柔術大会でかまし、会場中に絶叫を響かせたのであります。
アキレスというと、第一回UFCではケン・シャムロックホイス・グレイシーに仕掛け、ひょいと立ち上がられて「足関節はNHB(なつかしい略称だ)では通用しないかも…」と格闘技通信などがパニックになったものだ。その一族が、こんどはアキレスを仕掛ける側に回るとは。


でまあ、実際のところなんで極まるのかには諸説ある。
グレイシーの新世代は、みんなガタイがでかくて力があるからだ」という、ミもフタもロマンも無い議論がある(笑)一方、「いまだにグレイシーは、道場の生徒には教えない一子相伝の極意を隠し持っている!」という白土三平な推論もある(笑)


おのれを無にし
敵も無にし
四海を無にすれば
すなわちアキレスは極まるべし


とか。なんだそりゃ。

まあ、それはそれとして、まずはクロスガードでがっちりと固めたら、ノーギで体格差があり、足の力が強い選手なら、パウンドや肘で削られない以上、パスも許さず耐えられる・・・と考えるやもしれん。
だが、ここでアキレス腱固めを狙われたら。

アキレスからの脱出法といえば、お手軽なのはもう一方のかかとでがんがん蹴りまくる方法と、ホイスじゃないけど立ち上がって上からパウンドで抜け出すことだが、この二つとも今回は禁止だ。


寝技の専門家、柔術家をこぞって絶叫させる、この「グレイシーアキレス」をミルコにハレック・グレイシーが仕掛けたら・・・。
ゴンザガ戦の時に足首を痛めてなかったか?復帰ロードは大丈夫か?
策士ケン・イマイの、あれが生涯の失敗だった・・・と後世のMMA史家は記すのかもしれない。

グレイシーアキレス」、その初出と資料は?

いまの若いもんは調べるといったらネット検索のことだと思っておる。
俺もそうだ(笑)・・・そこから行くと、


活字になっているのは、どうも所英男ペケーニョを破って表紙となった2005年9月号の旧ゴング格闘技
http://blog.livedoor.jp/org3110/archives/29238021.html

…ゴン格は所英男が表紙。素晴らしい。試合リポートのみならずインタ
ビューも豊富で読み応えあり。一番面白かったのはホリオンへのガチ
ンコ(笑)インタビュー。とくにヒーロンvsジェフ・モンソンの判定基準に
関するやりとり、最後はホリオン逆ギレしてたし。グレイシーアキレス
の秘密はついに明かされず終い(まあ当然だが)。

http://i.z-z.jp/b/burning/log/158.html

★ほかお
グレイシーアキレス
ゴン格グラップル持ってますよ♪
ジュンク堂あたりに無いですかねぇ。今度忘れなかったら持って行きます。
オサジマさんにグレイシーアキレスで試し切りされる方ご愁傷様です(^_^;)翌日ビッコ間違い無しですな(笑)
2005/6/29(水)12:32

                                                                                                                                                              • -

★あゆかわ
グレーシーアキレス
極まりますよ。いや、かなりいいですよ。アキレス研究してたときあれに近い形までいったことを思い出しました。力の入れ方とか工夫中ですが筋肉つぶし系かと思いきや壊し系ですね。さすがグレーシーと思うことあり。また差し替えのアキレスではクラッチしてたのに普通のに応用しようと考えなかったのが頭が固いんだなぁと痛感しました。
2005/7/1(金)0:40


ただし!
実はこの時点で、すでに皆「グレイシーアキレス」という概念を所与のものとして話したり活字になったりしているのだ。



まあもったいぶっているわけじゃないのだが・・・私の記憶が正しければ、例によってここがだ、
流行というか「グレイシーアキレス」の発信地。

http://hinerin.blogspot.com/

というか上の2005年ゴン格の聞き手が彼で…さらに、というか、そもそも実際に彼はこのグレイシーアキレスを、今回ミルコと戦うハレックに食らっているんでんがな。
http://cafe.quietwarriors.com/?eid=319757 のコメント欄参照)



ただおっかしいんだよなあ。
このブログの中でグレイシーアキレスを探すと、こういう結果に成るのだが、読んで分かるとおり「あのおなじみの・・・」的な書きかた。

2004年1月の段階で「例の」だもの。

・・・ちなみに足関がらみで言えば、今回(※2003年男祭り)も吉田を極め損ねたホイスのアキレスは、例のヒーロン、ヘナー、ハレク(←※おお!!)が使う必殺「グレイシーアキレス」とは形がちがいます。どー違うかは内緒・・・でもないんだが文字で説明するのがめんどくさい)。


これに先立ち、たしか一エントリを割いて、氏がまるまるグレイシーアキレスについて書いた一文があったと記憶しているのだが。

あまり古いのは保存されていないのだろうか?
もし見つけた人がいたら、教えてください。