INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

北岡悟という生き方。船木誠勝に挑戦表明。

http://www.pancrase.co.jp/tour/2007/0905/rls/0810.html
どうでもいいが、字が死ぬほどヘタ(笑)。まあ人のことは言えんが。


……いい目標を見つけました。それは7月16日にある人が現役復帰されるって聞きまして、まあ、ご存知の通り船木誠勝“選手”ですけど、復帰されるんだったら試合してえなって思いまして。・・・で、挑戦状を出そうかなと。
※おもむろに挑戦状を取り出す。

北岡悟:『挑戦状 船木誠勝殿 12月31日に現役復帰される貴殿に挑戦を表明させていただきます。つきましては、同封したチケットの大会(9.5パンクラス後楽園ホール大会)へご来場何卒よろしくお願いいたします。パンクラスism 北岡悟

※挑戦状をチケットとともに封筒にいれる北岡


(略)

北岡悟:うーん・・・そうですね・・・いろいろ各種媒体で船木選手のインタビューが載ってたんですけど、『(対戦相手は)誰でもいい』って言ってたんで、誰でもいいなら俺がやりたいと。誰かにボコボコにされるんだったら、俺が一番最初にボコボコにしたいなって。ちょうど船木選手がパンクラスでやってたのは7年間、要するにガチンコでやってた7年間があって、僕も7年間やってるんですよ、パンクラスで。その7年間対7年間をやりたいなって思います。なんかの雑誌では『自分が勝ってしまうと総合格闘技が7年間停滞してたことになる』って言ってたんですけど、そんなわけねーだろと。僕、7年間プロでやってきて、本当、血のにじむような思いとか、すごいキツい思いしてやってきたんで、そんな簡単なものじゃないよってことを僕が教えてやりたい。

今の総合格闘技をなめんなっていうのを僕がやりたいんですよね。放っとくと桜庭選手とか、田村選手とか、ホイス選手とか、そういうレトロ対決でお茶を濁すと思うんで、そういうのだけは我慢できねえなって。なんかそれって過去vs過去なんで。現実と戦えと。逃げんなと。船木選手本人がおっしゃってたと思うんですけど、尻尾を巻いて逃げたわけじゃないですか、格闘技の世界から。そりゃ、いろんなプレッシャーがあったのかもしれないですけど、そんなの別にみんな背負ってることだから。誰だって背負ってるから。それは別にファイターだけじゃないから。あんた逃げたんでしょって。

で、ぬけぬけと帰ってきて、個人でって・・・そんなの楽じゃん。そんな楽に試合してるのを俺は観たくないし。だから俺とやるべきだと思うんですよ。それが道理だと思うんですよ。今、パンクラスを代表するのは僕です。今大会は僕がメインです。前田吉朗でもないし、川村亮でもないし、ミドル級の挑戦者決定戦でもないし。僕がメインです。だから、パンクラスを代表してるのは間違いなく俺。だから、尻尾を巻いて逃げた人をちょっと首根っこつかまえてこっち向けよとやる感じです。自分一人の力じゃ足りない部分があるかもしれないんで、ちょっとマスコミの人にも協力してもらいたいですね。よろしくお願いします。


一言でいうと「感情面、『格』論からの批判はありえる。しかし、論理としてはまったく隙が無く「正論」だとしかいわざるを得ない」ということでしょうか。とりあえず支持か不支持かといえば支持する…。

……いや、正確にいうと、「北岡悟vs船木誠勝を見たいか?」というのにYESではない。しかし「北岡の船木への挑戦表明・批判は正論か?」と聞かれればYESだわな、ということ。
そもそも船木が「対戦相手は、本当に誰でもいいんです」とか言わなきゃよかったわけでさ。こういう言い方をしたら有象無象がにょきにょき出てくるのは想定内で、んでそういう場合は闘いたくない相手を、そういいつつも断る論理をちゃんと準備して無いと逃げたと言われちゃうわ。
まあこの場合「大晦日なんだよ、視聴率を取れるカードじゃないと意味無いんだよ!」というのもまた別の正論であるので、谷川貞治氏が悪者になって終わるのだろう。
それにミルトン・ヴィレイラにまず勝てるのか、って微妙だしさ。