INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

本日パンクラス後楽園。当日券多数(たぶん)。bodogが本領発揮か?

http://www.pancrase.co.jp/tour/2007/0427/card.html

前田吉朗(パンクラス稲垣組) vs 『ケージ・ウォリアー』フェザー級王者 ダニー・バッテン/初参戦
(bodog)
2/4(日)梅田ステラホール大会でパンクラスフェザー級ランカーの井上学(U.W.F.スネークピットジャパン)と対戦。積極的な攻撃で試合を支配すると、最後は踏み付けからのパウンドで一気に試合を決めた前田。
対するは、イギリス格闘技界で活躍し、イギリス『ケージ・ウォリアー』現フェザー級チャンピオンにして、『bodogFIGHT』が自信をもって送り込むベテランファイター、ダニー・バッテン。
パンクラス初代フェザー級王者として、イギリスの金網王者を迎え撃つ前田が、破壊力抜群の打撃でバッテンを仕留め、王者対決を制するのか?それとも、過去にダマッシオ・ペイジやアウグスト・フロタらを戦闘不能に追い込んだ“金網のサイレント・アサシン”バッテンが王者・前田を、寝技地獄に引きずり込み、一本を極めるのか?
パンクラスの王者と、金網の王者による期待のメインイベント!

行ければ行きたかったが、行けませんだ。前田吉朗の相手は、どっかで名前を聞いた気もするな。
この前まで、bodogvsパンクラスはこっちもびっくりでパンクラスが攻勢、シンガポール陥落。(まあ、高橋義生WINDY智美の試合inコスタリカがわからんのだけど)しかしそろそろ「世の中信じられるのはゼニや、最後は銭のあるもんが勝つんや」というナニワ金融道的な凄みを見せ付けてbodog勢が反撃するのではないか。
このおフランス人も要注意ざます。
http://gbring.com/sokuho/news/2007_04/0425_pancrase.htm

佐藤がメイド服で公開練習について聞かれると「別に構わないね。むしろ面白いと思うよ。ジョークガイはいいもんだ。プロフェッショナルなんだから、そういうパーソナリティが尊重されてもいいんじゃない?」と我関せずの様子。

「僕にとってはいつもの試合と同じ気持ちさ」と“大人の対応”を見せ・・・


これ、誤訳じゃないか?フランス語は難しいからね。たぶん正しくは「佐藤光留はジョークだよ」と言ったのではないかと(笑)