INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

秋山成勲の優勝は、彼の悪評・疑念を吹き飛ばすか?

今回、秋山選手はテレビでごらんの通り、2試合連続KO・一本で優勝しました。いつも思うんだがHERO'Sを会場に身に来る人は基本的に善男善女ばっかりで、暖かく、ひねくれた人がいない。みなさわやかに新王者を祝福していました。

実際、ややバタバタした部分はあったものの(まあ相手がバタバタ攻めてくるからしゃーない)、勝負どころをのがさず、きっちりと組めて勝ったのも見事だし、元柔道家の中では稀有な打撃を見せてリトアニア人に勝ったのも見事。マヌー不があまりにも、戦略無しでミスが多かったという人もいるだろうけど、もともと彼は考えずにガーっといくからこそ勝てたんだしね。
一応、自分も「マヌーフは穴が無い選手じゃない」とは言っていたが、正直負けの可能性高いと思っていた。



さて、ここでひねくれてる側としては、タイトルのような「悪評・疑念は払拭されたのか?」というテーマを掲げる。
以前、1回戦で秋山vs金泰泳が決まった時に自分はこう書いた。

秋山成勲(日本/フリー)VS金泰泳(日本/正道会館



ふうん。がんばってください。以上。
てな感じですが、もう少し頑張って書く。
秋山という選手のこれまでの対戦相手に関しては何やらかにやら言われていましたが、今回で最終的な決着がついたと言えよう。


つまり、「秋山はプロテクトされているか・いないか」という問いには今回をもって「いる」が正解であると。判断遅いよ。

これが間違っているかといえば、そうでもない。これまでの秋山がプロテクトされてるかされてないかといえば、やっぱりされていた。
ただし、チェ・ホンマンもそういう部分があるのだろうけど、プロテクトして勝てる相手と何試合もやっていくうちに慣れ・自信・「こういうのをやってみよう」という探究心、そういうものが育ってくる・・・ということもあるのだ。


あれだよ、プロレススーパースター列伝で(またかよ)力道山アントニオ猪木を厳しく育てて雑草の強さを期待する一方、ジャイアント馬場には天性の素質を花開かせるために、のびのびと育てたでしょ。あんな感じなのだよ。あんがい、これは間違いじゃなくて、パウエル・ナツラや滝本誠も本当はそうやって育てればもっと上に行けたかもしれない。


ただ!!
ここで、日本の対抗団体および、野育ちで「雑草」として育った面々と肌を合わせてさあどうなるかな。
というか、秋山はこれまで「万能型」の選手とやる機会が殆ど無く、今回のスミルノヴァスレベルが初めてといえば初めてだったわけで、さてどうなるのでしょう。大晦日はコンディション調整が上手くいけば桜庭和志とやるとして、その後。


ひとつ案があります。彼にふさわしい相手(もちろん、以前から言い続けている竹内出は別格として)
美味しいと見ればやってくる男。その名は菊田早苗!!オロゴンの師匠ってことなら、キャラ的にもTBSが引っ張れるし、どこかの社長が「家族と思ってたのに、裏切られた」とかいう心配もないだろう(笑)。


柔道界で輝けなかった菊田の暗い怨念が、秋山に襲い掛かったら・・・・・・・間接的に、瀧本誠との比較も出来る。
でも一選手としては簡単でも、GRABAKAの選手の上がる場所を考えると「まあ大人の事情はありますよ!!」かしらん。

そういう感じで、今後はPRIDEの同階級の日本人との比較ということも活発になってくるでしょう。


ヘブン。
とはやる機会は無いだろうなあ・・・・・・・

直前煽り番組を後から見たのだが

「隊長のキムチな気分」などで紹介されていた、韓国のドキュメンタリー番組?を基本コンセプトにしたのか、秋山の半生を帰化や柔道界のドロドロもふくめて構成・紹介していた。


ところでみのもんた

うるさい。いらない。