INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

あの”バララッパ”が帰ってきた!榊原信行、UFCに吼える、噛み付く(ゴング格闘技)

今月の「ゴング格闘技」を読むことが出来ました。
榊原信行社長、さすがにフジテレビに対しては地上波放送復活の可能性を探ることもあってか牙は立てられないが、UFCに関しては容赦がありません。
いや、やっぱりバラちゃんの「わるぐち」は魅力的なコンテンツだね。
一人で新間寿アントニオ猪木ユークスを兼ねる男、とはよくぞ言った(註:だれも言ってない)。

61-62P

彼らも考えたんじゃないですかね?自分たちが人気の出てきている状況で、そこにシウバというPRIDEのチャンピオンが出てきました、自分たちのチャンピオンであるチャック・リデルがボコボコにされて一方的に負けました、UFCって弱いじゃんということになりかねないですからね。その上、お金を払ってPRIDEのプロモーションをしてしまうことになるわけですから。

今回、10月のPRIDEの大会を観たらアメリカの人たちは、どれだけ自分たちがUFCというものに対してお金を払っていたことがバカげていたかを知ることになると思う。プロダクションしかり、出ている選手しかり。さらに言えばリングは見やすいし、オクタゴンは見にくいじゃないですか。だからすべての面でわれわれが優っていることを、アメリカ市場の人たちは思い知ることになるでしょう。目から鱗が落ちることになると思いますよ。こんなにすばらしいものがUFCよりもリーズナブルな値段で見られるんだ、と。自分たちはこれまでエンターテインメントとして、レベルの低いものを見せられていたんだということがハッキリします・・・


今回の悪口は、久々の切れ味です。常に高水準の中でも、さらに一段高いところに来たな。
曙を口を極めて罵っていた時以来ですよ(笑)。


ただ、ちょっと気になるのは、例のサンボの怪物君こと萩原幸之助氏がブログで書いて、なんかその金額があまりにも現実離れしていたため(彼が一桁、検算をミスしていた記述もあった)、提携先のMARSのアレぶりと相まって胡散臭さが漂いまくりだった「MFC」が、資産的にかなり巨大なプロモーションであることを認めていたことだ。


「そこに出てもヒョードルが本当の強さを証明できますか?」とか言って、PRIDEにはMFCにない”権威””名誉”があるということをアピールしていたけど、ヒョードルノゲイラにそれが通じるかなァ。ことにヒョードルは「ひっそり生きていたい」とかいうほど、名誉や地位には恬淡としている。
・・・・・・・・・からこそ、ファイトマネー額によって動きかねないんじゃないか(笑)。
永田裕志と大晦日に闘って「強さを証明」したとは思えんしさ(笑)。
これは一種の逆説だよな。