INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

今日が運命の「PRIDEスカパー放送」決定会議・・・そして速報!今週の週刊現代

スカパー役員会議の模様なんかを知るすべもないので、今日はかたずをのんで結果を見守るしかない。
で、その前に週刊現代を。
実は今回は仕切りなおしというか、また初めて読み始めたような読者を想定しての「今までのおさらい」が8割なんです。
そこにフジの今回のい決定を報じたというカタチですな。

新情報は私の見た限り・・・・・・・・・(大意)

  • フジテレビのAプロデューサー(今までのPRIDE放送の中心だった人)に関して、フジの公式見解は「彼に問題があるとは思っていない」というもの。ただし、「番組がなくなるのだから自然に彼の仕事の内容は変わるでしょう」(失脚?)
  • このÅプロデューサーは「榊原信行DSE社長が営む別の会社」に番組業務の一部を発注していた(榊原社長の別会社?何それ??)
  • 2004年末(ホイス問題がらみで?)、K-1石井和義氏が暴力団幹部から脅迫を受けた。このことに関しAプロデューサーに抗議だか相談だかをしたら、Aプロデューサーは「K-1さんもうちとだけやってくれたらそんなこともないでしょうに」と答えた

-

なんて感じでした。

あと肝心というかなんというか、そもそもフジテレビの株主総会は6月末なんですよね。
そもそもこれが震源地であり、最終到達点。なにしろ今年はこれが無くてもライブドアの含み損問題で大荒れ必至だし、もともとフジテレビの株主総会は社員を動員してめちゃくちゃ強引にやっていたことは有名。しかし、この前の攻防戦依頼、公共性の問題があるから今年はそーはいかない。

これはスカパーも同じか。


フジテレビの株主総会の混乱振りについては

http://www006.upp.so-net.ne.jp/fujisankei/ や http://www.nurs.or.jp/~izumi/loft-ayamare/document/attorney.html
などを。

(1)00年6月29日の第59回総会は、これまでと同様、社員株主の怒声に守られた、全く証券民主主義のかけらもない不法総会と言わざるをえない。松沢、山口両株主が会場に入ってゆくと、「貴社スタッフ」の名札を付けた男が「カバンをよこせ、カメラは入っていないだろうな」と、松沢株主を脅しにかかった。松沢株主は、カバンを強奪しようとする男に抗議した上で「株主にものを尋ねるなら、まず自分の姓名を名乗りなさい」と、たしなめたが、「貴社スタッフ」は、名前を明らかにしなかった。こうした株主に対する無礼極まりない貴社の応対に厳重に抗議する。
 また、これまで同様貴社は、社員株主を大勢動員して会場の前方を占拠させ、一般株主を威圧するという暴挙を繰り返した。社員株主は貴社が明らかにした出席株主164人の内、およそ半数を占めていたほどだ。これらの社員株主は、商法上、使用人に当たり、貴社の命令で、使用人としての業務を放棄して、「経営者に忠誠を尽くす、新手の総会屋」として昨日しているのが実状だ。こうした一般株主を敵視する総会運営に厳しく抗議する。