INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

三遊亭円楽さん、脳こうそくか

お茶の間には当然、「焦点」の司会として有名なわけだけれど、一部では「御乱心」「落語協団騒動記」の2作品に登場する、落語会の中でも稀有なエゴイスト、野心家、策謀家としての印象のほうが強いはずだ。


「落語協団騒動記」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4776801221/249-1730862-2331523

小説・落語協団騒動記

小説・落語協団騒動記


「御乱心」

御乱心―落語協会分裂と、円生とその弟子たち

御乱心―落語協会分裂と、円生とその弟子たち

後者のほうは1980年代に出た本だが、前者はつい最近出た。
どちらも別の筆者だが、それが逆におおよその事実関係が一致しているんだから(笑)。


ここでの円楽は、いっそ悪の魅力に溢れていて、なんというか逆にすがすがしい。「落語家は心よこしまなる者するべからず」とはこれも名人・柳家小さんの言葉だが、それに対し「何言ってやがる、落語は『人間の業の肯定なんだ』」と真っ向から反発したのは、これも上記2作品の重要人物として登場した、小さんの弟子にして円楽の最大のライバルとされていた立川談志だった。


しかし、IMS-MEの、落語家への興味の薄さは何とかならんのか。
わざと単語登録を無視しているようじゃないかと、今文章を書いていて思ったよ。