INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

最近の「アスミカケル」まとめて紹介…アンケートに投票しよう!

まず、一番重要な点…について、まず2つのツイートを。前週と、今週。
前週


今週
ほかは、このアカウントを遡って追っていただきたい。
はてなでXアカウントを埋め込み型式にすると表示がちょっと多めだが、見て損はない。
twitter.com


まあ、ぶっちゃけ、或る種の「危機感」を覚える掲載順であることは疑いない。そこは認めなくてはならない。
というか、だから自分は毎週電子版を購入し、アンケートに投票するという、今までどの作品にもやったことのなかったムーブをしている。俺にしてみれば、維新の大阪万博に匹敵するぐらいに、当初の予定から予算が膨らんだが、それでも安定するまでは、続けていくしかない。


※今偶然読んだツイートに「アンケートの順位は8週間後に反映される」という説があった。いやまあ10週で打ち切られる作品もあるのだろうから、どうかわからんけど、次号にすぐ反映されるってのはそれはそれでなさそうかな、とは確かに思う。



んで、22話までで地下格闘技大会「FUKIDAMARI」で優勝し、そのエピソードに一区切りがついたのだけれども、同団体で優勝した結果、主人公の明日見二兎は、なんか佐野哲也みたいになっちゃった

アスミカケル24話

それはまぁいいんだけど、それとは別に「戦った相手が仲間の陣営に加わる」イベントと

アスミカケル23話


「新しい敵がまとめて登場する」イベント両方が発生した。

アスミカケル23話
アスミカケル23話

普通の若いジャンプ読者なら「これだけ新しいキャラが登場したってことは当分続くんだな」と思うのだろうけど、よく訓練された昭和のジャンプ読者は「コマンダー0か? 変幻戦忍アスカか? 男坂か?」とか思ってしまう…のは良くないよ!!
saddles.blog.fc2.com
ja.wikipedia.org


ま、そんなわけで「一挙に新キャラが出てきたということは、今後長期の連載のめどがついた」か「一斉お蔵出し、在庫放出のXXセール」なのかはわからない…だけど、それより新キャラのバックボーンが
ムエタイ
はともかく
ジークンドーとフェンシング、しかもそれぞれ財閥のご令嬢とその執事、というのは、この作品のリアリティラインに調整が加わる、というのとほぼ同義のようにも感じられたのです……いや実際アブダビの王子が熱心にBJJを学んだりしてるのだから、ネバーセイネバー。財閥のお嬢さまがMMAをやったってあり得ないことじゃないだろう。YAWARA!の例もあるわけだし。


というか、掲載順を考えたらどばーっと、ぶわーっと派手にやりましょっかい。
首が危ない時に髭の心配してどうするだ(七人の侍理論)……と、心の中で納得したんだけど。



次の週では「共感できるバックボーンを持った、渋くて地味な、酸いも甘いもかみ分けたベテラン」と対戦する流れになっていく。

アスミカケル24話

いや…この展開って好きだけどさ、それこそ基盤が安定した時にやって、じんわりと高評価を得る技じゃない?
少なくともオールラウンダー廻とはじめの一歩は、そういう感じでやってたんだが……

はじめの一歩 武恵一



m-dojo.hatenadiary.com


しかし、敢えてそこを狙っていくのもありかもとは思った。


ちなみに奈央のほうの因縁も25話では判明し、やっぱり「火ノ丸相撲」とアスミカケルを繋げるチヒロの娘とのストーリーが語られるんだが、そのチヒロ娘のバックボーンがカレッジレスリング(フォークレスリング)だ、とわかるから、これはまた通好み。

アスミカケル25話

つまり、和製ベン・アスクレンなんですよ。
あの、ダナ・ホワイトにこう言わしめた、あの男の…

「眠れない時にはベン・アスクレンが必要だ。彼はMMA史上最も退屈なファイターだから。彼の試合を見るくらいならハエのファ◯クを見た方がマシ。ベンを見ているとジョン・フィッチですらヴァンダレイ・シウバのように見える」
m-dojo.hatenadiary.com

時に自分は、アンケートの投票のほか、自由記載欄に…

今後はこう描こうと思う。
「作品によっては、本誌からジャンプ+に連載場所を変えて継続するというやり方も試みてください」(弱気)