INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

キム・スーチョルと原口央がROAD FC決勝で対戦(配信あり)

■視聴方法(予定)
10月29日(日・日本時間)
午後2時00分~KAKAO TV、AFREECA TV

■メインカード対戦カード

<Road FC グローバル63キロ決勝/5分3R>
キム・スーチョル(韓国)
原口央(日本)

<Road FC グローバル70キロT決勝/5分3R>
ムングントスズ・ナンディンエルデン(モンゴル)
アルトゥル・ソロヴィエフ(ロシア)

バンタム級/5分3R>
ヤン・ジヨン(韓国)
高橋謙斗(日本)
【Road FC66】グローバルT決勝=キム・スーチョル戦へ、原口央「自分のスタイルを貫く、曲げないこと」 | MMAのインタビューと試合レポートならMMAPLANET

原口は、「そうですね。僕自身、23歳からMMAを始めて今年で28歳。こうして約5年のキャリアで『アジア最強』と言われるキム・スーチョル選手と戦えるのは嬉しく思います」とコメント。

 優勝賞金1億ウォン(約1,100万円)の決勝戦だが、「(優勝賞金のことは)あまり考えてなくて前回の試合が終わってから今日までキム・スーチョル選手のことばかり考えていて、だから賞金がどうとこじゃなくていまはもう試合に集中している状態ですね」と、サングラス姿で語った。

 最後は「ほんとうにもう僕はこのトーナメントに賭けていて、最後もうケージの中で死んでもいい、それくらいの覚悟で戦います。うん、『This tournament is mine』」と、決意を見せた原口。

 独特なステップで圧力をかけて、首相撲、ヒザ蹴り、左ハイと巧みに上下に打ち分け。ケージレスリング、スクランブルも強いスーチョルに対し、原口は、自身の強みであるケージレスリングとスクランブルで最後にトップを奪い続けることが出来るか。
(略)
スーチョルは、「RIZINのオファー? 正直、チャンピオンシップの機会をもらえると思っていましたが、その機会は朝倉海選手にいったし、基本的に自分はRIZINにとって“外国人”だし、人気のあるスタイルでも無いし、顔もあんまりイケてないし(笑)、そういうことも分かっているから、今回、央選手と試合をして、どうなるかな。RIZINから何かいい話があるかもしれないけど、いまはそのRIZINの話はしたくありません。ただ自分はいまこの試合に勝つために、100%、いや200%集中しています」と語るにとどめた。
gonkaku.jp

www.youtube.com

ROAD FC 2023決勝


アンダーカードで高橋と闘うヤン・ジヨンは朝倉海と沖縄で対戦予定が、朝倉が欠場して昇侍と対戦、勝利した選手。


さて、肝心の配信を視聴する方法だがよくわからん(笑)
カカオTV
osw-welo-jp.com

アフリカTV
…調べたところ、たとえばここではないかという感じはあります。

bj.afreecatv.com