【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

作家の樋口毅宏氏が「前田日明のここが問題」と批判文を発表し話題に。



そこから反響が大きく、たとえばこの「イエデビ」氏との対話連ツイは面白い(直接飛んで、開いてください)

そこで

プロレスサイトDropkickが話を聞きに行った。(後半有料ですよね?)


ch.nicovideo.jp


樋口 あれだけ前田日明に熱狂していたのにここまで評価が下がっているのはなぜかといえば……逆に斉藤さんにお聞きしたいんですけども、前田日明新日本プロレスからリングスに至るまでガチンコはあったんですか?

――いわゆる競技としてのガチンコはないでしょうね。前田さんの評価が下がったのは、ガチンコをやってないからなんですか?

樋口 はっきり言ってそれに尽きます。じゃあ新日本でやったアンドレ・ザ・ジャイアント戦はどうなんだと言われてしまいそうですけど。

――アンドレ戦は“壊れた試合”ですね。

樋口 前田日明最大の魅力って長州力顔面蹴撃事件もそうですが、アンドレ戦のようにプロレスから外れたときに発揮されるんですけど、リアルファイトがあったかといえば、なかったという。他のUWF系の人たちはガチンコをやった。新日本でいえば永田裕志石澤常光(ケンドーカシン)もやってるし、ライガーだってやってる。パンクラスのリングで鈴木みのるvsライガーがありましたから。でも、あれだけ大きい声で格闘技は何たるかを話して、格闘王を名乗っていた人がガチンコをやったことがない。そこが失望した最大の理由ですよね。

――ただ「プロレスからはみ出したもの=リアルファイト」なのかという疑問もあって。前田さんが新日本の前座にやっていた頃は、何も決まってない勝負をあったりするわけです…(略)ところがプロレスからはみ出したもの魅力は、ガチンコと隣接してるので、「前田はどうなんだ」という疑問は・・・・(後略)

(略)…新入りペーペーの田村潔司をあんな酷い目にあわせる必要ないじゃないですか。あの試合で田村は眼窩底骨折をして半年以上休んだわけですから。前田日明ってああいう人。自分に歯向かわない人をボコボコにする。田村もそうだし、リングスになってから坂田(亘)にもそう。

――バックステージ暴行事件ですね。椅子でめった打ちにして。

樋口 ヌルヌル秋山成勲の事件があったときは擁護してたでしょ。あの人は本当に相手を選んでます。

樋口 前田がYouTube朝倉海に裏技を教えてて。モザイクが入ってたので何が行なわれているのか、あれは気になったんですけど。

――前田さんって裏技に関しては昔から「いまMMAは使われてない技があるんだよ」て匂わしてるんですよね。ちなみにグレイシー柔術登場時は「昭和の新日本道場経験してるならグレイシーは大丈夫」みたいに言っていて。新日本道場にブラジルでバーリトゥードをやっていたイワン・ゴメスが留学していたからしょうけど。

樋口 前田はそこで「わからない」と言えない人なんでしょうね。弱みを見せてくれた方が好感が持てるのに。でも、弱みを見せると敵が喜ぶって発想になっちゃう人がいるのも事実なんですよね。


てな話を読んで…「まるでにわかちだ! あるいはPoetさんだ!」と、イビジェやアミューザ世代でないと分からない感想を叫んでしまいそうになりました。
(ときに三省堂の国語辞典、新版では「BBS」という言葉を死語と認定し削除するとか。往時茫々、夢また夢・・・・)

しかし、それが、コモンセンスになりつつあるんだけどね。
しかしコモンセンスになりながらも、公には活字にならなかった、のも事実。
それにくさびを打ち込んだのはこれ。




しかしまあ、そうはいいつつ、「まあ前田日明は………あれだからね(言ってもしょうがない)」という、例外セーフガードを発動させていないかといえばしているのも事実だ。

――前田さんに批判的な人は多いんですけど、何かもう一周回っちゃって、どうでもよくなってるところはありますよね。

樋口 それはわかります。

イビジェ・アミューザ系の人間は、一周回るどころか、どこかのタイムリープの高校生グループか、魔法少女並みに何周もしてるんです(笑)。

感想集

あ、懐かしい名前だ!!な人の割合多し。同窓会の会場じゃないんだから(笑)