【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

魚豊(「チ。」作者)の次回作構想。「ネットの”荒らし”を描きたい。主人公が『これこそ、俺の生きる道!』と一生懸命、みたいな」

二回にわたった「マンガ沼」魚豊氏登場の回の2回目。

録画を見れば正確な文面が分かるんだけど(あとでそうするかも)、まず自分の言葉でメモしておこう。


「Q:次回作で描きたいものは?」
という質問への答えが


「ネットのトロールとか、荒らしとか言われるものを描きたい。それも、荒らす側を主人公として」


ははん、複雑な現在社会にするどいメスを入れる問題作品だな・・・・・・・・・と思ったんだけど、スタッフが魚先生に聞いた、補足の同作品構想では

「主人公が(荒らしの)師匠と出会い、『ネット荒らしこそ、俺が俺であるために必要なことだ!これが俺の生きる道だ!!』と、すごく一生懸命に頑張る王道作品」を描きたい、みたいなこと言うてた。


なんか


いろ
いろ


ちがう・・・・・・・・・・・・



しかし「星新一のできそこない博物館」以来艘思っているけど、創作者が没ネタとか次回描きたいネタとか公開してると、生き馬の目を抜くこのコンクリートジャングルで、よっしゃこのネタ、パクったろ!!ってことにならないのかね。


まあ、こんなぶっ飛んだ構想、マネするもしないもないか(笑)。

まずはともかくにも、メモのみ。