INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

LGBT映画の画期的作品(らしい)『ブロークバック・マウンテン』夜7時放送(BSトウェルビ)

土曜洋画劇場(海外映画テレビ番組)
毎週土曜よる7時~| 2021年5月8日放送『ブロークバック・マウンテン

2000年代を代表するLGBT映画。同性愛への偏見と差別が色濃く残る1960年代のアメリカ社会で、許されない愛に苦悩するカウボーイ2人を描く。

本作は普遍的なラブストーリーとして高く評価され、ヴェネツィア映画祭、ゴールデングローブ賞アカデミー賞等で数多くの賞を受賞した。主演のヒース・レジャージェイク・ギレンホールをはじめ、アン・ハサウェイミシェル・ウィリアムズら実力派スターが共演。

【ストーリー】
1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。定職の無いイニスとジャックは、羊放牧の職を得て、ひと夏を過ごす事になる。移ろいやすい大自然の中で互いを助け合う内に、彼らの心の中に深い絆が築かれる。それが、自然に男同士の許されない関係へと変化していくのに、それほど時間はかからなかった。保守的な時代、閉鎖的な土地で、20年もの永きに渡り、互いに伴侶を得て子供を授かりながらも密かに愛を育んでいくイニスとジャック。しかしやがて、厳しい社会の現実が2人の関係に影を落としはじめる。

ブロークバック・マウンテン [DVD]

ブロークバック・マウンテン [DVD]

  • 発売日: 2009/07/08
  • メディア: DVD


自分は何で知ったのかというと、たぶん「ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判」だったはず。

2006
・『ミュンヘン』『ヒストリー・オブ・バイオレンス』人殺しより怖いのは浮気と年増のコスプレ
ブロークバック・マウンテン』みんな仲よく釣りに行こう!
・『ALWAYS 三丁目の夕日』は皿洗いしながらでもOK!/『クラッシュ』すると桶屋が儲かる?
・腰の引けた革命ごっこVフォー・ヴェンデッタ』/『ココシリ』の超高度キャバクラにびっくり!
・『ポセイドン』にハートなし!/『ダ・ヴィンチ・コード』はモナ・リザ関係ないじゃん!
・『日本沈没』の草彅くんに「なぜ?」の嵐
・『スーパーマン リターンズ』『ユナイテッド93』スーパーマンは神話を作り、93便は歴史を作る!?
・『マッチポイント』『グエムル―漢江の怪物―』女の趣味と怪獣趣味は、いくつになっても変わらない
・『ブラック・ダリア』で〝絶世の美女〟問題勃発!/『レディ・イン・ザ・ウォーター』は評論家への私怨爆発!
・『氷の微笑2』シャロンは温泉スッポン芸者と戦うべし!
・前科モノ俳優総出演の『スキャナー・ダークリー』/政府の金でバクチするな!『007 カジノ・ロワイヤル

さて、どんな言及の仕方だったのかな。よもやポリコレに違反するような言じゃないと思うが…
こちらはそうは言ってないか
www.youtube.com


ま、それはどうかわからんが、カウボーイといっても銃撃戦とかがあるではない(そりゃそうだ、1960年代だもの…え、アメリカならそこで銃撃戦あってもいい?)ので、自分の好みの範疇ではない。たぶん見ない。
だけど、とにかくLGBTの描き方としては「画期性」があったとして知られるので、興味がある方は見るとよい。