INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

7日UFCを機に、WOWOWからファイトパスに乗り換えませんか?マネル・ケイブ見参、メインはアリスター/サブスク商売への移行を考える(序説)

UFCファイトナイト:ラスベガス18 (日本語実況解説)
2021年2月7日 日曜日 07:00


www.boutreview.com
RIZINバンタム級王者のマネル・ケイプが、「UFC Fight Night: Overeem vs. Volkov」(2月6日(土/現地時間)米国ネバダ州ラスベガス・UFC APEX)でUFCデビュー戦を行うことになった。…大会の模様はUFCファイトパスを通じて日本時間2月7日(日)に生配信される。(略)
19年大晦日RIZINでは、堀口が返上したバンタム級王座を懸け、過去に1度敗れた相手である朝倉海と対戦し、2R TKO勝ちでリベンジすると共に、タイトルを獲得した。昨年3月にUFCと契約し、RIZINの王座を返上。コロナ禍の影響もあり、長く待ったが、ようやく試合の機会が訪れた

さて、そんな大会のメインはアリスター・オーフレイム。今では片手で数えるほどになったのかな?PRIDE参戦経験のあるUFCファイターは。

これに「科学の力はすごい」とコメントしてる人がいて笑ったが、それはおいとく。明日はいらぬ。

さて本題だけど、この大会を見るためには、おなじみUFCファイトパスに入らなければいけない。
で、「プレミアムプラン」だと日本語実況もつくんです。
今見たら、桜庭vsグレイシーのドキュメンタリーとか配信してるな……

で、この料金は以下の通り。多少のレートなど変動が今後あるかも
www.boutreview.com


ここね。

https://ufcfightpass.com/signup

スタンダードプラン
UFCファイトナイトは全試合のライブ配信をご覧いただけるほか、すべてのUFCファイトライブラリ、世界中で開催される総合格闘技ライブ配信、独占オリジナル番組をご試聴いただけます。

世界中で開催されるコンバットスポーツのライブ配信(1,000時間以上)
UFCファイトナイトのライブ配信で日本語実況解説を選択可能
¥1214/月

プランの選択
プレミアムプラン
ペイ・パー・ビューイベントのメインカードをはじめ、UFCが誇るイベントライブラリー、世界中で開催される格闘技イベントのライブ配信、オリジナル番組など、すべてのコンテンツをお楽しみいただけます。

世界中で開催されるコンバットスポーツのライブ配信(1,000時間以上)
UFCファイトナイトのライブ配信で日本語実況解説を選択可能
PPVイベントのライブ配信で日本語実況解説を選択可能
¥2799/月

キャンセル
スタンダードプラン(年額)
UFCファイトナイトは全試合のライブ配信をご覧いただけるほか、すべてのUFCファイトライブラリ、世界中で開催される総合格闘技ライブ配信、独占オリジナル番組をご試聴いただけます。

世界中で開催されるコンバットスポーツのライブ配信(1,000時間以上)
UFCファイトナイトのライブ配信で日本語実況解説を選択可能
¥11656/年

プランの選択
プレミアムプラン(年額)
ペイ・パー・ビューイベントのメインカードをはじめ、UFCが誇るイベントライブラリー、世界中で開催される格闘技イベントのライブ配信、オリジナル番組など、すべてのコンテンツをお楽しみいただけます。

世界中で開催されるコンバットスポーツのライブ配信(1,000時間以上)
UFCファイトナイトのライブ配信で日本語実況解説を選択可能
PPVイベントのライブ配信で日本語実況解説を選択可能
¥26899/年


で、確かにお高い。
だが・・・・・・・・・・・・

WOWOWは、月額視聴料:2,300円(税込2,530円)ですべての番組をご覧いただけます。 ご加入月は視聴料はかかりません。 また、加入料・初期費用は一切かかりません。 ※追加で契約される場合、2・3契約目は900円(税込990円)です。
お客さまサポート

WOWOWは2300円でナンバーシリーズのみ。
ファイトパス(プレミアム)は2800円でナンバーシリーズに加えてライブラリーや他団体の中継つき、そして今回のようなファイトパスもある。
500円なんて誤差だ誤差。

そりゃたしかに、映画も多少は魅力かもしれんが、ほかにも今はいろいろ配信があるわけだし・・・・・

つまり、昨年生まれた日本語実況つきのプレミアムは、UFCがえげつなく「ニッポンのミナサン、WOWOWやめちゃってUFCファイトパスに乗り換えなYO!!」と言ってるんですね。
えげつねー。プロレススターウォーズの「コネクション」よりえげつねー。


だけど、要はUFCファイトパスって「自前のテレビ局を持った」のと同じだからね。
2300円のWOWOWのご家庭ごとの契約、UFCに入るのは幾らよ?? その10分の1、20分の1でも、2800円が毎月!!ダイレクトに個々の家から吸い上げれば、これほどお得なビジネスはない。


ということで、日本資本と米国資本の違いとか気にせず、「格闘技ファンならWOWOWをやめてUFCに乗り換えよう!!」とここに申し上げる次第です。


こういう構造は、ほかのコンテンツビジネスでも可能だろうか?(序説)

実際に新日本プロレスが「新日本プロレスワールド」をつくり、成功している。WWEもやってるね・・というか元祖だ

たとえばRIZINが「RIZINワールド」「RIZINファイトパス」を作ったら??
なんてシミュレーションを、今後してみたい。
たとえば想像をたくましくして、バスケがBリーグの配信を自前で、吉本興業が、アニメ会社サンライズが・・・・・・とかと想像しても興味深い

バンダイがやっているのか
www.b-ch.com