【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

突然だけどNHK、本日深夜に「ニューシネマパラダイス」を放送【「プラス」で今も配信】

追伸 NHKプラスで、放映後も配信されているそうだ。
plus.nhk.jp




映写技師と映画好きの少年との友情物語を描いた、涙と感動の名作!
映画「ニュー・シネマ・パラダイス

12月30日(水)[総合]前0:25 ※火曜深夜

戦後間もないシチリアの小さな村の映画館を舞台に、映写技師と映画好きの少年との友情物語を、美しい音楽にのせてノスタルジックに描き、世界中で大ヒットした涙の名作。

映画「ニュー・シネマ・パラダイス」<レターボックスサイズ>
放送日
12月30日(水) [総合] 前0:25

出演者ほか
【監督】ジュゼッペ・トルナトーレ,【声】フィリップ・ノワレ久米明,サルバトーレ・カシオ…亀井芳子,ジャック・ペラン…小川真司,【脚本】ジュゼッペ・トルナトーレ,【音楽】エンニオ・モリコーネ

内容
ローマで暮らす映画監督サルバトーレのもとに、幼いころに父のように慕っていた映写技師・アルフレードの訃報が届く。彼の脳裏にはトトという愛称で呼ばれ、アルフレードが勤める映画館に通っていた懐かしい少年の日々がよみがえる…。今年7月に亡くなった映画音楽の名匠エンニオ・モリコーネの美しい旋律にのせてつづる感動のイタリア映画。今回は、アカデミー外国語映画賞を受賞したインターナショナル版を2か国語版で放送。

www6.nhk.or.jp

30日にやるとは聞いてたので、あとでお知らせしようと思ったら、要は30日未明…まもなくやんけ!!
なんでまた、映画枠があるでもないこの時間に突然?と思ったが、年末のテレビ放送枠は何が待っとるかわからんゾーンなのだ。

この映画とは

もちろん名作だが、単純に名作でもある一方で
バクマン。」「明日にはあがります。」や「SIROBAKO」「映像研には手を出すな!!」などのように、「そのジャンルで、そのジャンルを描いた作品」の系譜という位置づけもできる、と思うのです。
それもあれだ、「映画を”作る”側」に焦点を当てた系の映画映画(へんな言葉だが今は使おう)は比較的多いが、映画を”見る”側の映画映画はレアなんじゃなかろうか。

本当に単純に、見て面白い作品だが、一方で…この言い方には反発の向きもあろうが、そういった系譜の「教養」として抑える価値もある、と思います。

そして、あのラストシーン。

サヨナラおじさんこと淀戸川長治氏は「神かけて紹介したい映画」とかいうてました。

ニュー・シネマ・パラダイス (字幕版)

ニュー・シネマ・パラダイス (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

しかし「〇〇版」の迷宮に迷い込むことも・・・・・・

なにしろ「木根さん」でも、〇〇版が多くてどれが正統なんだ!!の典型例で、メインの「レオン」と並んでこれを例に出してるからな。
manga-park.com

だいたいにおいて監督のおこだわりで、ここを切るのかてめー、みたいな怨念をこめて、ディレクターズカット版はすごい長さになるのだが・・・・・・今回のは、国際版だとか。

それでいい、と思います

その直前の番組と、うまくつながる説も



チャンネル[総合]
2020年12月29日(火) 午後10:50~午前0:07(77分)
ジャンルドキュメンタリー/教養>カルチャー・伝統文化
番組内容企画・宮崎駿、監督・宮崎吾朗によるジブリ最新作「アーヤと魔女」あす放送!▽「コクリコ坂から」制作に挑む親子の物語をもう一度!(2011年8月初回放送)
出演者ほか【語り】石田ゆり子
詳細2人の人物の絆を描くドキュメンタリー「ふたり」。今回は映画監督・宮崎駿さんとその長男・吾朗さん。2011年公開「コクリコ坂から」は吾朗さんが監督、駿さんが脚本を担当。二人の合作ともいえる作品だ。しかし二人の間には知られざる葛藤があった。70歳にしてなお映画への情熱をたぎらせる父。偉大な父と比較される宿命を負いながらも、挑戦を続ける息子。衝突しながらも同じ目標に向かい情熱を燃やす父と子の物語。